クラウド型のIT人材サービス『クラウド情シス担当』

Powered by 株式会社キャリアヴェイル

クラウドレーダー

クラウド型のIT人材サービス『クラウド情シス担当』の媒体資料資料更新日:2022/03/11

資料のダウンロードはこちら(無料)

  • ●CustomerStare紹介資料v2.64.pdf(1.20MB)
システム運用のスペシャリストチームが
月額12万であなたの企業のシステムを監視します!

■クラウド情シス担当なら、そんなお困りを解決します!
   システム運用スペシャリストを安価に確保
   用支援&システム常時監視で迅速な障害復旧を実現
   専用監視ツールを標準で無償提供

■クラウド情シス担当とは
お客様のシステムの稼働状況の常時監視と、障害時の復旧支援をする、クラウド型のIT人材サービスです。お客様専任の技術者がチームとなり、インターネット経由でお客様の重要なシステムの稼働状況を監視、運用を支援します。

■クラウド情シス担当の3つの特徴
雇用契約なし
社会保険や業務環境などの間接費も不要。月額固定(月額12万円~)でシステム運用のスペシャリストがチーム体制で、お客様の運用をご支援します。

西洋監視ツールを標準で無償提供
24時間365日、お客様の重要なシステムの異常をリアルタイムで確実に捕捉することにより、サービスに影響が出る前に、対応着手可能です。

スペシャリストによる運用支援
障害発生時には、ログ分析スペシャリストが、切り分けや原因究明などをご支援します。また定期に、ログの中長期の分析や異常の傾向分析なども行い、予兆報告や改善提案なども実施します。


■迅速な障害復旧にはシステム監視が不可欠
理由① 障害発生に気付くことが重要
まずは障害発生に気付くことそれから判断すること

システムを監視していないと・・・
 ×業務に支障が出るまで障害に気付けない
 ×復旧対応が後手に回る
 ×原因が特定できない

システム監視していると・・・・
 〇障害への対処が早くなる
 〇夜間・休日でも気付ける
 〇予兆を察知できる


理由② 障害復旧スピード=気づくまでの早さ
どんなに優秀な技術者をアサインしても、サービス停止時間はあまり縮まらない

システム監視を導入していることで、平時から変化や予兆をつかみ、対応の準備をしておくことができます。障害が発生しても、サービスに影響が出る前に検知し対応を開始することが可能になります。これにより、利用者から連絡が入った時点では、既に復旧の目途がたっているという状況を実現できるのです。

※資料のダウンロードには会員登録が必要です。 会員の方はログインしてダウンロードしてください。

  • ●CustomerStare紹介資料v2.64.pdf(1.20MB)
同じジャンルで比較

他にもこんな資料がダウンロードされています

新着資料

人気資料

資料掲載について クラウドレーダー
特別割引

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、クラウドレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

メディアレーダー グローバルレーダー トラミー トラマガ マーケブック Weekle(ウィークル) ママプレス
クラウドレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top