目次

ビジネスチャット(社内SNS)とは?

ビジネスチャット(社内SNS)とは、社内外問わず、ビジネスでの利用を目的としたコミュニケーションツールの事を指します。
従来はメールを利用していましたが、スマートフォンの普及に伴い、個人利用ではLINEを始めとして、法人向けのビジネスチャットが広く活用されるようになりました。

具体的に、音声・ビデオ通話・ファイル共有・タスク管理などの機能があるので、ビジネスチャットの利用は業務効率化の促進が期待できます。

このクラウドサービスを導入する際には、シェア率(ユーザー数)・コスト・外部サービスとの連携・セキュリティ強度などを各サービスやプランで比較し、自社に適したサービスを選定することが重要です。

ここでは、ビジネスチャット(社内SNS)機能を持つクラウド型ツール・サービスを中心にご紹介します。

社内コミュニケーション活性化ツール「TEんWA(テンワ)」

多彩な通知、豊富な管理機能、気持ちが伝わる手軽なコミュニケーション。
クラウド版ビジネスチャットサービスです。

<利用シーン>
・TEんWAを会議として利用
ビジネスチャット上で行われた会話の発言頻度などをログにて管理することができます。

・外出先からモバイルで
 外出先や多忙の際でもメッセージ内容を瞬時に確認・対応いただくことができます。
スタンプを使用することで、コミュニケーションが円滑に行えるばかりでなく、最速での意思確認が可能です。
「TEんWA(テンワ)」ではビジネスチャットに特化したスタンプを多数ご用意しています。

・外部招待をつかう
1グループ10人まで外部ユーザを招待することができます。
業務プロジェクトを推進していく上で、外部企業やフリーランサーとの連携が不可欠になっているなか、「TEんWA」をつかえばプロジェクトの流れが時系列で確認したり、必要なデータの共有を行えるだけでなく、瞬時の意思疎通、意思決定が行えます。

1ユーザ単位でユーザ追加・削除が可能なので、無駄なコストがかかりません。
初期費用もかからないため、初期コストを気にすることなくご利用いただけます。

ベーシックプラン(月額) ¥248/ユーザ
最低利用人数は25ユーザです。
ユーザ数×10GBのディスク容量が利用できます。

☆ビジネスチャット「TEんWA®」2015年12月の有償利用開始から6ヶ月で50,000ユーザを突破!
中小企業様から、一部上場企業様、大手メガバンク様まで幅広くご利用いただいております。

https://cloud-radar.jp/detail193.html
※資料をダウンロード出来ます。

ビジネスチャット「PrimeChat」

ビジネスチャットならソフトバンクの「PrimeChat」。
「PrimeChat」はソフトバンクが提供するプライベートクラウド型のビジネスチャットサービスです。
あらゆるビジネスシーンで求められるセキュアなコミュニケーション環境をご提供いたします。
コンシューマ市場で全世界的に利用が広がっているチャットサービスを、セキュリティ面や機能面を充実させビジネス向けに強化しました。

セキュリティ面では、安全なご利用を実現するために国内の堅ろうなデータセンターでお客様ごとに仮想環境をご用意しております。
また、ファイル共有やスケジュール、アンケート、タスク管理、デスクトップ共有機能などの企業内外のコミュニケーションに不可欠な機能も搭載しています。
もちろん、プライベート利用のチャットでおなじみの使いやすい操作感もそのままです。
ビジネスチャット「PrimeChat」を使って、ビジネスを円滑に進めてみませんか?

Point.1
安心 企業で求められる安全なコミュニケーション環境

・柔軟、かつ豊富なユーザ管理機能により、ビジネス情報のやり取りも安心
・プライベートクラウド型、お客様専用の環境でご提供するビジネスチャット

Point.2
簡単 直観的に操作できるインターフェース

・シンプルな操作画面で、導入も簡単
・ドラッグ&ドロップ操作で簡単にファイル共有も

Point.3
便利 時間や場所にとらわれず、ビジネスを効率化する豊富な機能

・タスク管理やファイル共有、アンケート機能で、よりスムーズなコミュニケーションを実現
・マルチOS対応(iOS、Android、WindowsOS、MacOS)

https://cloud-radar.jp/detail215.html
※資料をダウンロード出来ます。

ビジネスチャットの決定版「Works Mobile」

※ワークスモバイルジャパン株式会社は、スマートフォン時代のビジネスコミュニケーションツール「LINE WORKS」の提供を2017年2月2日から提供開始しました。「ビジネス版LINE」としてこれまでご提供してきた「Works Mobile」を、最新版より「LINE WORKS」と名称変更し、革新的な機能を追加いたしました。日本で6800万人が利用し、愛用されているコミュニケーションアプリ LINE とメッセージ連携することで、仕事でのコミュニケーションや働き方の新しいカタチを実現していきます。
----------------------------------------

LINEの兄弟会社が提供するビジネスチャットの決定版「Works Mobile」は、LINEの使いやすさと楽しさはそのままに、企業でも安心して使えるコミュニケーションツールです。

●メッセンジャーはもちろん、無料通話・ビデオ通話まで

ビジネスコミュニケーションは、仕事専用のアプリで。
誰でも簡単にすばやく使える。既読機能で相手に伝わったことが確実に分かる。
写真や動画、地図も簡単に送れる。
モバイルでもPCでも利用できるWorks Mobile Oneなら、本社と支社、外勤社員と内勤社員
など、社内のコミュニケーションが、もっとスムーズに。
いつでもどこでも、仕事仲間へすぐに連絡ができるので、チーム全体の仕事がはかどります。

●チャット、予定表、メール、アドレス帳、ファイル共有を1ヶ所で

チャット、予定管理、メール、連絡先の検索、ファイル共有など、仕事で必要なことは、
このアプリひとつで。
外出先でも、移動中でも、仕事にかかわるすべての情報を、すばやく簡単に確認できます。
モバイルアプリひとつですべてのビジネスコミュニケーションをカバーできるので、
わざわざパソコンを開く必要はありません。

●チーム単位の便利なトーク

組織情報に連動するグループトーク機能「チームルーム」で、同じチームに所属する
メンバー同士、すばやくコミュニケーションできます。
Works Mobileを使い始めたら、まずはチームルームで、仕事仲間とメッセージをやり取りして
みましょう。入社や異動、退職といった変更があっても自動的に反映されるので、
メンバー管理の手間がかかりません。

●会議設定もモバイルでスマートに

会議を設定するのは会社に戻ってから ……
Works Mobile Oneがあればもうそんな必要はありません。
参加メンバーの空き時間はモバイルで簡単に確認できるので、全員が参加できる
時間帯に会議を設定することができます。会議室の空き状況もリアルタイムで
確認できるので、会議室の予約をわざわざお願いする必要もありません。

●安全なファイル保管、便利なファイル共有

大量の資料も、容量を気にせず、安全にDriveに保存できます。
必要なファイルは、全文検索ですぐに見つけることができます。
Driveに保存したファイルは、いつでもどこでもトークやメールで
すぐに共有できます。
フォルダ共有機能を使えば、資料を修正するたびに添付ファイルで
送る必要はありません。クラウドでファイルを管理・共有できるので、
チームでの協業も楽々。

●チャットとメール・予定表の連携

メールの受信者全員をトークルームに招待して急ぎのメッセージを送ったり、トークルームの
参加者全員が参加する会議をすばやく設定することができます。メールや予定表と連携する
トーク機能を利用すれば、状況に合わせた方法で仕事仲間とコミュニケーションできます。
社内でのチャット・無料通話・ビデオ通話はパソコンで

●社内でのコミュニケーションなら、デスクトップ版Works Mobile Oneで。
トーク機能や無料通話・ビデオ通話が簡単に使えるデスクトップ版なら、一度に複数の人と
チャットしたり、写真やファイルを詳細に確認できます。
外出先のメンバーからの緊急連絡を見逃すこともありません。

●ビジネス向けメッセンジャー・無料通話

いつでもどこでも相手を選択してメッセージを送ることができます。
音声通話・ビデオ通話をしたり、写真や動画、ファイルや地図も送れます。
以前のやり取りも、強力な検索機能で、すばやく確認できます。

●情報はすべてこのアプリ 1 つに

外出先でも、移動中でも、仕事にかかわるすべての情報を、スマホからすばやく簡単に確認できます。
モバイルアプリひとつですべてのビジネスコミュニケーションをカバーできるので、わざわざパソコンを開く必要はありません。
アプリから共有ファイルを検索・送信したり、受信ファイルを共有フォルダに保存することができます。
アドレス帳との連動で、チャットもメールも会議招待もファイルも、すばやく簡単に仕事仲間に送れます。

●社内ではパソコンで

社内でのコミュニケーションなら、デスクトップ版Works Mobile Oneで。
トーク機能や無料通話・ビデオ通話が簡単に使えるデスクトップ版なら、一度に複数の人とチャットしたり、写真やファイルを詳細に
確認できます。 外出先のメンバーからの緊急連絡を見逃すこともありません。

https://cloud-radar.jp/detail210.html

ビジネスチャットアプリ 「DiSCUS(ディスカス)」

DiSCUS(ディスカス)は、GPS追跡・グループチャットをセキュアに利用できるビジネスチャットアプリです。
位置情報強制シャットアウト機能、オリジナルスタンプ、チャットBot実装可能なAPI、強制利用停止機能などセキュリティを強化しています。

■GPS位置情報

現在地や待ち合わせ場所をチャットメンバーに通知することができます。
また追跡型位置情報はニーズに合わせたタイミングで取得することができ、
移動中の目的地指示や、スマートデバイス紛失時の位置特定などでも活用できます。

■チャットメッセージ

使い慣れたインターフェースで直感的に利用可能。
個人チャットやグループチャットが利用でき、
既読機能が付いているので安否確認にもご利用いただけます。

■チャットBot

営業活動で必要なタイムリーな情報を自動応答を可能にするチャットBot用APIを用意しています。
HubotをはじめチャットBotフレームワークを活用して自社専用のサービスコンシェルジュを立ち上げることができます。

<特徴>

●マルテナント/プライベートクラウド/オンプレ(レンタル形式)で提供可能
●Bot API用IN/OUT APIを用意
※標準装備で、GitHub社が開発したチャットBot開発・実行フレームワーク「Hubot」が実装推奨
●テキスト/動画/画像/音声/位置情報のログエクスポート可能
●GPS位置情報による追跡機能が標準(追跡なし/5/10/15/20/30/60分)
●プライバシー保持の為に、指定時間強制ログアウト機能
●入力が苦手なユーザー向けにオリジナルスタンプを設定可能(オプション)
●フィールドワーカー専用の為、ユーザーアプリケーションは位置情報取得の為スマホのみの利用に制限
管理者はPC及びスマホ利用可能。管理者はPCから中央集中型にユーザーの位置情報と指示命令メッセージを発信することができる。
●ユーザー登録は一括インポートが可能
●管理者はPCから紛失時などユーザーアプリケーションの強制利用停止が可能
●スマホにテキスト情報は残さず、サーバーから都度情報を呼び出す

https://cloud-radar.jp/detail486.html

ビジネス用チャット「MyMattermost(マイマターモースト)」

My Mattermostとは、プロジェクトチームの情報共有をリアルタイムで行うことができるビジネス用チャットサービスです。
インストールや専用の環境を必要としないクラウド型でのご提供。
パソコンはもちろん、各種スマートフォンやタブレットでログインするだけでご利用になれます。
チームの生産性を飛躍的に向上させる次の世代のコミュニケーションツール「MyMattermost」。
是非ご活用下さい。
ビジネスチャットに最適な3つの特徴

1.プライベートクラウドで一貫したセキュリティー管理

SlackやChatworkとは違い、専用の仮想サーバにセットアップするため、
高度なセキュリティ・独自のコントロールで運用することが出来ます。
ご契約後、数分でご利用可能。
オンプレミス(御社内のサーバ)での運用サポートも行っております。
お気軽にご相談下さい。

2.日本語完全対応

MyMattermostは日本語に完全対応。
Slackでは出来なかった日本語でのキーワード検索や、
Channel作成・Group作成が可能です。

3.PC・スマホ・タブレット。
どれでもどこからでも利用可能

パソコンやスマホなど、どの媒体でも
いつも通りご利用することができます。

■スムーズで効率的なチャットコミュニケーション

メールに替わる次世代のコミュニケーションツール。
リアルタイムでの素早いやり取りが可能になります。

プロジェクト毎でチャットグループの作成や、
メンバーごとの公開・非公開設定も可能。
チャットグループは新着メッセージ順に並ぶので、
大事なメッセージを見逃すこともありません。

さらに、特定のメンバーや特定のメッセージ、
アップロードされたファイルに対しても返信することが出来ます。

■簡単にファイルを共有画面上でプレビュー確認

ファイルの送受信も画面上で簡単に出来、
すぐにプレビュー表示で確認できます。

画像ファイルや動画ファイルはもちろん、
Officeファイル、PDFデータ、デザインデータなど、
様々なデータをドラッグ&ドロップで簡単に
アップロードして共有することが出来ます。

■1日2回のデータバックアップ

1日2回、データのバックアップを
自動的に行います。

不意のリスクから大切なデータを守ります。
安心してご利用ください。

■パソコン・スマホ・タブレット対応
どれでもどこからでも利用可能

パソコンはもちろん、iPhoneやiPad、
Androidやタブレット端末にも対応。

いつでも、どこても、どの端末でも
快適にご利用頂けます。

パソコンでじっくりプロジェクトを進めたり、
出先でチャットに即座に対応したりと、
あらゆるシーンで活躍します。

また、Slackからのデータインポートが可能です。
Slackからのお引越しをスムーズに行うことが出来ます。

■非常に便利な検索機能

全てのチャットグループから検索できるので、
目的の情報を簡単に探し出すことが出来ます。

チャットグループ名や、ユーザー名、
特定のグループやユーザー名での絞り込み、
共有されたファイルの検索も可能です。

さらに、検索結果から該当チャットにジャンプ出来るため
前後の情報の確認も容易です。

https://cloud-radar.jp/detail485.html

チームコミュニケーションツール「Slack(スラック)」

Slack(スラック)は、ビジネスチャット・チームコミュニケーションツールです。

●ドラッグ&ドロップでファイルを共有
●絵文字が充実
●リマインダー機能
●外部ツールとの連携(Google Drive、Dropbox、GitHub、Box、Redmine、Salesforce等600以上)

他、多数機能

画面イメージ

https://cloud-radar.jp/detail293.html

ビジネスチャットの導入開発「Spika for Business」

「SPIKA」はClover Studioが中心となって開発し、オープンソースソフトウェア(OSS)として公開されているインスタントメッセージングのプラットフォームです。
イサナドットネットはClover Studioと業務提携し、オープンソースのインスタントメッセージング・ソリューション「SPIKA」のシステム構築サービスを開始いたしました。

●Spika for Businessの特長

・自社サービス・製品:チャット機能を組み込みできます
・オンプレミスで導入:オンプレミスでもクラウドでも導入できます
・自由なカスタマイズ:目的にあった機能に自由にカスタマイズできるようソースコードを提供
・リアルタイムチャット:WebSocketを利用したチャットでストレスなくコミュニケーションできます

●短期間でのサービス化・柔軟なカスタマイズ

●安全な管理・セキュリティ機能

管理画面から、ユーザー・グループ管理ができます。
組織や役職に応じた適切な利用権限を付与することで大規模な組織でも安全に利用でき、業務効率の向上につながります。
通信はAES-256形式で暗号化され、ビジネスでの利用に不可欠なセキュリティをより強固にします。

●ユーザー数の上限がないライセンス費用

ライセンス費用はユーザー数の上限がなく一定で大規模な組織でもコストパフォーマンスよく利用できます。

●WebRTCによるリアルタイムビデオチャット

WebRTCを利用して、チャット中のユーザーと音声通話やビデオ通話ができるようになります。

●遠隔診療などヘルスケア分野での利用

今後、直接の対面診療と組み合わせてビデオチャットなどによる遠隔診療が行われることも期待されています。
ユーザー情報を安全に通信・保管することができ、ヘルスケア向けのチャットとしても利用できます。

●「SPIKA」機能

・ プライベートチャット
・ グループチャット
・ オーディオメッセージ
・ ビデオメッセージ
・ 位置情報機能
・ 絵文字
・ パスコードロック
・ ユーザー検索
・ 未読アイコン
・ Web管理画面

https://cloud-radar.jp/detail289.html

ビジネスチャット「WowTalk(ワウトーク)」

WowTalk(ワウトーク)は、企業の社員間でチャットや無料通話、社内SNSなどの機能を持った企業内チャットツールです。
セキュリティ対策も万全の社内情報共有のツールとして様々なメリットを提供し、グループチャットによる社内コミュニケーション活性化を実現します。

☆利用企業1,000社以上

<6つの特長>

・端末を問わずに利用が可能

スマデバを最大限活用。もちろんPCも!
他アプリは、デバイスの偏りや、機種ごとに機能制限がある場合あり。

・全社で使える

管理者が一括登録。全社員とつながる。
他アプリは、個別「招待性」により全社員向けでないものもある。

・階層型の全社員リスト

連絡を取りたい人や部署をすぐに探せる
他アプリは、階層型組織ツリーがなく、部署からの検索が難しい。

・誰もが直感的に利用できる

LINE/Facebook風のUIで導入教育いらず。
他アプリは独自UI/UXになっているものも多く、導入時の障害にもなる。

・3つの機能実装

文字だけでなく無料通話/ビデオ通話も
トーク/タイムライン/通話の3機能を実装する法人アプリは他になし

・無料サポート体制

困った時にいつでも無料で聞ける安心感
国内に法人様向けサポートセンターを完備(電話/メール対応)

https://cloud-radar.jp/detail313.html

社内チャット「SMART Message(スマートメッセ―ジ)」

「SMART Message(スマートメッセ―ジ)」はセキュア且つ使いやすいインターフェースを兼ね備えた新しい法人向けチャットサービスです。
高セキュリティでありながら、直観的にわかるシンプルなデザイン(使い慣れたSNSに似たデザイン)を実現しています。

OfficeドキュメントやPDFファイルの送受信機能に加え、社内ファイルサーバーなどセキュアな環境下での資料の共有、通信やクラウド上のファイルの暗号化、ファイル種別ごとの利用可否、IPアドレスやモバイルの利用制限など、さまざまな管理機能を搭載しております。これらの機能は、各企業のセキュリティポリシーに合わせた柔軟な設定を管理者側で簡単にカスタマイズすることができ、多様なニーズに応じた管理・制限を行うことで、不正アクセスや情報漏洩を未然に防ぎ、高度で強固なセキュリティを実現、且つ利便性を保っております。

【SMART Message】の主な特徴

通信やクラウド上のファイルの暗号化、ファイル種別ごとの利用可否、IPアドレスやモバイルの利用制限など、

■高度なセキュリティと管理機能を搭載
さまざまな管理機能を搭載しています。特に情報漏洩の危険性が高いモバイルでの利用制限・管理を徹底することで、情報漏洩を未然に防ぐことができます。
企業が定めるセキュリティポリシーはさまざまですが、多様なニーズ応じて管理・制限を一元的に行うことが可能です。

■企業個別のセキュリティポリシーに対応
OfficeドキュメントやPDFファイルなど、ビジネスに欠かせないファイルをチャットで共有できます。

■さまざまなファイル共有に対応
各種フォーマットに対応しているため、互換性の問題もありません。
送受信したファイルはチャットのグループごとに管理できます。検索する手間なく、簡単にファイルを見つけることが可能です。

■送受信ファイルをチャットごとに一元管理
自社のファイルサーバーや選定したセキュアな環境のオンラインストレージと連携することができ、PCで作成した資料をスマートフォンからチャットで送信が可能です。

■自社ファイルサーバー、セキュアな環境のストレージと連携
PCはもちろん、スマートフォン・タブレットなどマルチデバイスで、機能の差分もなく利用可できます。

■マルチデバイスに対応
社内外を問わず、いつでもどこでも快適にチャットでのコミュニケーションが可能です。
これまでネオスがB to Cサービスで提供してきた豊富なモバイルソリューションの知見を活かし、直観的で操作性に優れたインターフェースを実現しています。複雑な機能がなくシンプルなアプリなので、初めての方でもすぐに簡単に始めることが可能です。

■使いやすい画面
ネオスのクリエーターが導入企業様向けにバラエティー豊かな独自スタンプを制作することができます。

■カスタマイズスタンプ
業界・業務の特性に合わせたスタンプなどもオーダー可能です。

☆「管理者も使いやすい」、「ユーザも使いやすい」ことに重点を置いた高セキュリティのビジネスチャット(社内SNS)です。

LINEのように誰でも簡単に使いこなすことができるデザイン性と、グループチャットやプッシュ通知、ファイル共有などの機能を持ち、社内コミュニケーションを円滑化・効率化させ、ビジネスを加速させます。

また、管理機能や機能制限が充実しており、各企業様のセキュリティポリシーに合わせて細かく自由に設定することができます。管理者が部署単位や端末単位でセキュリティ制限を施すことができ、高度な管理を実現しています。

他社にない圧倒的なセキュリティが認められ金融機関様にも導入いただいております。

https://cloud-radar.jp/detail312.html

ビジネスチャット「Linkit(リンクイット)」

Linkit(リンクイット)は、安心・便利・快適に使えるビジネスチャットです。

●金融機関レベルの情報セキュリティ

管理者機能によって、ユーザの管理が可能。また、金融機関でも採用される256bit SSLで通信を暗号化しています。

●ビジネス特化の機能でスピーディに

資料や電話帳などの共有、メッセージの検索・引用、ビジネス用スタンプなどで、コミュニケーションを迅速に。

●スマホなどマルチプラットフォーム対応

PCやタブレット、スマホなど、各デバイスに対応。オフィスでも外出先でも、クラウドからデータを同期できます。

<料金>

※30日間無料お試しプランもあります。

■スタンダードプラン
月額:500円 / ユーザ(税込540円)
登録ユーザ数:+月額500円 / ユーザ(登録数は上限なし)
1ファイルあたりのアップロード容量:10MB
初期ストレージ(1企業ID毎):10GB:無料
追加ストレージ(1企業ID毎):+10GB:1,000円

https://cloud-radar.jp/detail291.html

ビジネスコミュニケーションプラットフォーム「Oneteam (ワンチーム) 」

「Oneteam」は、ビジネスコミュニケーションプラットフォームです。「各トピックに紐づくリアルタイムチャット」「各種クラウドサービスの連携と横断検索機能」により、企業内コミュニケーションの一元化を実現し、コミュニケーションを効率化することで生産性の向上に寄与します。

☆2,500社を超える企業様・団体で利用されています

Oneteamは、場所や時差を超えて、チームの協働を支援するコミュニケーションツールです。特徴は、以下の3つです。

1. 課題(トピック)に紐付いたリアルタイムメッセージ

メールを作成するのと同じ感覚でトピックを作成し、課題に沿ったリアルタイムメッセージ機能により、主題が乱れずに会話を進めることができます。
マルチタスクを同時に進めている場合でも、トピックごとに会話の履歴が整理されているため、過去のやり取りを簡単に把握できます。

・メールと同じ感覚でトピックを作成
・トピックごとにチャット形式で議論

2. グループ作成機能

グループを作成し、関係者を招待することができます。
グループは、全体公開、非公開の設定が可能なので、機密性の高い情報もグループ内で連携することが可能です。
メーリングリストの煩雑な管理はもう必要ありません。

・グループごとにトピックが投稿できるので整理が簡単

3. マルチデバイス対応

iPhoneスマートフォン向けに、「Oneteam」専用アプリを提供。
プッシュ通知でリアルタイムに相手に届けることができます。
PCを持たない現場業務での活用や、移動時間の活用、在宅勤務者のコミュニケーションなど、様々なシーンで活用できます。

<他ツールとの違い>

●メールとの違い

メールは現在でもビジネスコミュニケーションの大半を占めていますが、リアルタイム性のなさ、やり取りの履歴が追いづらさなど、最適なコミュニケーションツールとは言えなくなりました。

・トピックごとのチャットでリアルタイムに返信が来るので、議論が進みます。
・@(アットマーク)+名前で検索し、ワンクリックで宛先を簡単に選択できます。関係者のグループを作れば、グループ宛に送付できるので、宛先漏れはありません。
・挨拶や署名のいらないメッセージでのやり取りで、トピックの中でどのようなやり取りがされているのか、履歴を簡単に確認することができます。
・ワンクリックでグループにメンバーの追加・削除ができるので、IT部門に依頼してメーリングリストを更新する必要はありません。
・送信したトピック・メッセージの編集・削除ができるので、誤送信の心配がありません。また、トピック・メッセージの削除は、投稿した本人だけができるので、他人に情報が削除されることはありません。

●ビジネスチャットツールとの違い

ビジネスチャットツールは、エンジニアのような常時席に座って作業をする職種には適していますが、席を外すことの多いビジネス職種には、最適なビジネスコミュニケーションではありません。

・Topicごとに会話が進むため、議論の主題が乱れずに積み上げることができます。
・Topicごとに会話が整理されているので、履歴を簡単に確認することができます。
・Topicごとに既読機能がついているため、誰が読んでいるかわかります。
・グループ内でTopicごとに内容を整理できるため、最低限のグループ数で運用が可能です。
・Topicで議事録やプロジェクト管理ができるので、一つのツールに集約でき、管理工数・コストを削減できます。

●社内SNSとの違い

社内SNSはウォールに投稿し、関係者への情報共有やコミュニケーション活性のためのツールなので、情報が流れてしまい、ビジネスシーンでの利用には不十分です。

・メールのように更新順で表示されるため、タイムリーに更新内容を確認できます。またフォロー機能により、自分にとって大事な情報をマーキングできます。
・トピック情報に案件情報を記載し、更新できるので、常に最新の進捗がわかります。

●Skypeとの違い

Skypeは個人向けのソフトであり、相手がオフラインだとメッセージが送れない、複数のパソコンで使うとメッセージがバラバラになるなど、ビジネスシーンでの利用には不十分です。

・クラウド型のツールのため相手がオフラインでも送受信が可能です。
・Topicごとに進捗を確認・議論できるためタスクが流れません。
・横断での検索が可能です。

<料金>

■STARTER:無料
チームの規模: 9人まで
データ保持期間: 無制限
サポート内容: メール、チャット

■STANDARD:月 880 円 / 人
チームの規模: 10人以上
データ保持期間: 無制限
サポート内容: メール、チャット

■ENTERPRISE:月 1,780 円 / 人
チームの規模: 100人以上
データ保持期間: 無制限
サポート内容: メール、チャット、専任担当者の電話サポート、導入サポートとトレーニング、IP制限

https://cloud-radar.jp/detail288.html

オンプレミス型ビジネスチャットシステム「ChatLuck」

現場の情報共有と共同作業のスピードをあげる、チャットベースのビジネスコミュニケーションツール。

<情報共有を効率化する多種多様なコミュニケーション機能>

●ルーム機能

プロジェクトやテーマごとに専用の“ルーム”を作り、チャットをはじめ、リアルタイムに情報共有できます。

●コンタクト機能

無料音声・ビデオ通話やPC画面の共有など、1対1のコミュニケーションをよりスピーディにします。

https://cloud-radar.jp/detail214.html

内定者フォロー社内SNS「Chaku2 NEXT(ちゃくちゃくネクスト)」

Chaku2 NEXT(ちゃくちゃくネクスト)は、社内の日常風景や実際の仕事の様子・イベントなどを写真入りでタイムリーに閲覧できたり、内定者同士のプライベートな近況などを投稿して、双方向に交流ができるSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)機能を備えています。
また、内定から入社までの定期連絡・お知らせ機能や、アンケート機能なども備えており、内定者と人事採用担当者との円滑なコミュニケーションを支援します。

■「就活生(採用候補)」フォローでは
インターンシップ、合説、企業説明会、WebESで出会った採用候補の就活生がSNSアプリ”Chaku2 NEXT”を介して、会社のイメージが伝わることで着実に母集団形成ができ、選考面接へとつながります。

■「内々定者、内定者」フォローでは
複数社から内定をもらった採用候補者に、SNSアプリ”Chaku2 NEXT”で会社の雰囲気を伝えることで、内定不承諾者を減らし内定承諾率を高めます。また、4月入社までの長期間に渡って利用することで、内定者の入社に対する不安や迷いから生じる内定ブルーを解消し、さらに、アクセスモニターで突然の内定辞退を未然に防止できます。

■採用担当者・リクルーターの方にとって
3年生の就活生(採用候補)と4年生の内々定・内定者を同時のフォローするのは業務負担がきわめて高いものです。特に、3月4月は採用業務が超繁忙期となります。ユーザビリティに優れたPC管理画面を利用することで、2グループを一括コントロールすることができ、採用業務の大幅な軽減になります。

<他社のサービスとChaku2 NEXTの違い>

・ 内定者フォローSNSサービスの中で、唯一スマホアプリとしてご利用いただけます。
・「社員と内定者のコミュニケーションツール」としてユーザフレンドリーを意識したUIとなっております。
・30日間無料のお試し期間がございますので、導入前に使用感をご確認いただけます。また、お試し期間中に投稿されたデータは有料版にそのまま引き継ぐことができます。
・写真共有アプリ「インスタグラム」をモデルにしており、画像をメインにしたタイムラインで、投稿記事に対してフィーリングスタンプやコメント投稿ができます(プッシュ通知でお知らせも可能)。
・人事管理画面からは、内定者のスマホアプリからのアクセス状況をモニターできます。

https://cloud-radar.jp/detail501.html
※資料をダウンロード出来ます。

社内SNS「Talknote(トークノート)」

社内コミュニケーションツール「Talknote」。2011年にサービスをリリースし、現在では、 KDDI、エー・ピーカンパニー、ネクシィーズをはじめ、15,000社以上の企業様にご利用いただいています。 2014年には、株式会社シード・プランニングの調査により社内SNS利用企業数No.1を獲得。

タスク管理機能もあります。タスクの作成、他者への依頼や完了通知といった基本機能に加えて、自身に関係のあるタスクの期限、ボリュー ムや完了状況が一目でわかるデザインのため、よりスムーズに発生している業務の全体像の把握が可能。

https://cloud-radar.jp/detail110.html
※資料をダウンロード出来ます。

nanoty(ナノティ)

社内SNS日報システム「nanoty(ナノティ)」。2000社以上が体験。
社員同士の情報共有を促進させるだけでなく業務の効率化や改善にも役立ちます。

クラウド対応の社内SNS「nanoty」 。経営者や管理職が管理したい社員の行動を数値化し、集計結果として出力できます。コミュニケーション機能も充実しているため、社員のモチベーションも向上します。

☆Redmineとの連携で細かな開発タスクの工数管理が簡単に
nanotyには、プロジェクト管理ツール「Redmine」に連携する有料のオプション機能があります。このオプション機能を使うことによって、システム開発プロジェクトの管理者は、日次、週次、月次レベルで、Redmine内にて管理されている開発工程と照合しながら業務工数を集計・管理できるようになります。

https://cloud-radar.jp/detail108.html
※資料をダウンロード出来ます。

大企業向け社内SNS「SKIP(スキップ)」

SKIP(スキップ)が大事にしている3つのこと

■導入プロジェクトの初期段階からお手伝いする

初めての社内SNSの導入プロジェクトは、まるで深い霧の中を歩くようなものです。地図がなければどこかに迷い込んでしまいます。SKIPでは、営業によるツール売り込みではなく、豊富な経験を持つコンサルタントが出し惜しみなくそのノウハウをお伝えする「無料相談」をご用意しています。

■運営チームの一員として活動する

社内SNS導入の方向性が会社で決まると、次は展開計画と情報漏えいなどへのセキュリティ対策の検討を求められるでしょう。そんな時、SKIPでは運営チームの一員として共に資料作成やユーザ説明を行います。社内SNSの専門家がそばにいる心強さをぜひ体感してください。

■スモールスタートできる料金体系にする

失敗の主要因「一斉展開」をなぜやってしまうのか。実は費用が「社員数に対して課金される」ことが大きな影響を与えています。初めから全社員に費用が発生するのであれば、一斉展開しないともったいない。そんな心理を防ぐために、SKIPでは使い始めたユーザのみを課金対象としています。

https://cloud-radar.jp/detail477.html

企業向け社内SNS「ホウ・レン・ソウ」

「外出中の社員も、社内で勤務している社員も、場所や時間に関わらずスピーディーかつ的確に同じ情報を共有できる。」
「離れていてもまるで同じ場所にいるようにコミュニケーションを取ることができる。」

このような社員同士の「報告・連絡・相談」といったコミュニケーションから、様々な情報共有までをサポートするのが、WEB上で運営される企業向けSNS(ソーシャルネットワークサービス)「ホウ・レン・ソウ」です。
ホウ・レン・ソウは社員同士のコミュニケーションを手助けし、そこから生まれる思いもよらない成果を通じてビジネスを広げ、企業の成長を支える基盤となります。

<特長>

■いつでも・どこでもリアルタイムに情報共有

ホウ・レン・ソウはWEB上で運用されるため、インターネット環境があればどこからでもご利用頂くことができます。
会社ではパソコン、外出先ではスマートフォンから、場所・時間に関わらずいつでもリアルタイムに必要な情報を報告・確認することができます。

■社員が「繋がる」機能をご用意

ホウ・レン・ソウを通じ社員がお互いの行動や考えを知る事ができます。
例えば日報にはその日の業務内容以外に、疑問に思ったことや悩みなどが書かれている場合があります。
それを見た他の社員が共感したり、アドバイスを書き込むことで、仕事に関する自発的な意見交換が発生します。
自分の投稿に反響を得ることで、投稿をした社員の「意識向上」や、コメントをした社員との「信頼関係の構築」、更には良質なコミニュケーションから生まれる「新しいアイディアと成果」といった相乗効果を生み出します。

■社内全体で「情報共有」

ホウ・レン・ソウを使って、様々なファイル、各社員の持つナレッジや専門知識、スケジュール、施設の利用状況等情報を一箇所に集めて管理することができます。
ホウ・レン・ソウが企業の中心にあることで様々な情報がルールをもって集約され、 社員の誰もがその情報をいつでも「使える・見られる」環境を簡単に作ることができます。

■他サービスとの連携が可能

OpenIDを採用しているため、OpenIDの利用が可能な他サービスとのID・パスワードの共通化が可能です。
OpenIDとは、世界中のOpenID対応サイトで共通して利用できるURL形式のIDのことです。

■必要に応じて機能のカスタマイズが可能

既存のホウ・レン・ソウの機能以外に、お客様のご要望に応じて機能を追加することができます。

■万全のセキュリティ対策

ホウ・レン・ソウへのアクセスやデータの送受信は、SSL暗号化通信により利用者の入力した情報を暗号化によって保護した状態でサーバまで送受信します。
そのためデータが盗聴され、第三者に情報が漏洩してしまうのを防ぎます。

※RSA2,048bitの公開鍵長仕様にも対応済みSSL暗号化通信で利用する公開鍵は、2010年以降にRSA2,048bit以上の高い強度の鍵長に仕様変更することが要求されていますが、ホウ・レン・ソウで利用している暗号化サービスにおいては既に変更後の仕様にも対応しています。

https://cloud-radar.jp/detail448.html

企業向けメッセージアプリ「Beat Messenger(ビートメッセンジャー)」

企業向けメッセージアプリ「Beat Messenger」は、社内SNS市場で国内シェアNo.1のBeat Communicationが提供する社内コミュニケーションに特化したメッセージサービスです。

セキュアな環境で1対1、複数人のグループで会話ができ、「急ぎで確認したい」「部署全員で共有したい」「承認がほしい」など様々なビジネスシーンにおいてご利用いただけます。

※データセンターはAWS(Amazon Web Services)を採用。通信はSSL暗号化で保護。 デバイス管理機能により、退職者や端末紛失時の情報漏えいリスクを防ぎます。      

社内SNS「Beat Shuffle」とのユーザ連係もできるため、情報のフローとストックを使い分ける新しいワークスタイルが実現可能です。

https://cloud-radar.jp/detail315.html

ストック型社内SNS「Beat Shuffle(ビートシャッフル )」

Beat Shuffleは、SNS機能を中核とした全く新しい法人向けソーシャルテクノロジーです。部署を超えたコラボレーション(協業)から知識の共有、業務効率の改善まで、Beat Shuffleは、企業のコミュニケーションのあり方を変えるビジネスの基盤となります。

https://cloud-radar.jp/detail314.html

SmartAmigo(スマートアミーゴ)

内田洋行の社内SNS「SmartAmigo」は、クラウドとオンプレミスの両方に対応。Microsoft Office 365 SharePoint Online をベースとした、社内SNS・ソーシャルメディアです。
小規模構成から大規模構成まで、お客様のご要望に合わせた環境で利用可能!
まずはスモールスタートで、気軽に始めてみませんか?

☆利用者の増加に伴うパフォーマンス向上や社内システムとの連携等、お客様のシステムロードマップに合わせて、クラウドからオンプレミスへ移行することが可能です。

https://cloud-radar.jp/detail109.html

airy ダイバーシティ

☆SaaS型法人向けSNS「エアリー」とは
ガイアックスが提供する内定者SNS「エアリーフレッシャーズ」、育児休業者向けSNS「エアリーダイバーシティ」、社内SNS「エアリーオフィス」を含む、400社以上に提供中のSNSの総称で、限られたメンバーのみでコミュニケーションのとれる法人利用に最適なソリューションを提供するSaaS 型SNSです。

「エアリーダイバーシティ」は、育休中も会社とのつながりを感じ、復職後の両立への不安をなくし、ロールモデルを見つけ、スムーズな復職とその後の活躍を支援するための社内SNSです。

<育休中も会社とつながる>
長期休業中も会社の情報を見て、つながりを感じ不安を解消。また復職をイメージして準備してもらうことで、会社復職時の心構えもできお互い準備万端での職場復帰が可能。

<職後の両立を支援>
一番大変なのは、育児と仕事を両立する期間。先輩からの情報や周囲で両立している社員との交流でノウハウを得たり勇気づけられ、一番大変な時期を乗り越えられます。

<ロールモデルの発見、キャリア支援>
復帰後も会社人生、キャリアは続いていくもの。子育てと同じく長いスパンで自分のキャリアを考えたときに、多くの先輩とSNSで交流することで最適なキャリア、ロールモデルが見つかります。

https://cloud-radar.jp/detail106.html

airy フレッシャーズ

☆SaaS型法人向けSNS「エアリー」とは
ガイアックスが提供する内定者SNS「エアリーフレッシャーズ」、育児休業者向けSNS「エアリーダイバーシティ」、社内SNS「エアリーオフィス」を含む、400社以上に提供中のSNSの総称で、限られたメンバーのみでコミュニケーションのとれる法人利用に最適なソリューションを提供するSaaS 型SNSです。

「エアリーフレッシャーズ」は、SNSを通じて内定期間中に会社や同期とつながり、不安を解消しミスマッチを防ぎます。また会社理解を深め、モチベーションを高めることで、スムーズな入社とその後の活躍を支援します。新入社員研修時の研修内容定着やOJTでの現場、上長、人事の連携強化にも効果を発揮します。

<内定者と企業の相互理解の促進>
いつでも繋がれるSNSという環境を用いて、内定者が企業を、企業が内定者を相互に理解しあえる仕組みを用いてミスマッチを防ぎ、新卒採用における不幸を少しでも減らします。

<入社後の活躍の素地を作る>
先輩社員の働く様子や社風を内定期間から理解し、企業に対して愛着を持って入社を迎えることで、入社後の困難に折れず、前向きなキャリアを歩めるような支援をします。

<新入社員育成>
新入社員研修における学びをSNSを通じてアウトプットさせることで理解度を測ったり、配属後にブラックボックス化されてしまう育成状況をSNSを使って見える化することで、新入社員育成と定着に貢献します。

https://cloud-radar.jp/detail107.html

社内SNS「airy(エアリー)オフィス」

☆SaaS型法人向けSNS「エアリー」とは
ガイアックスが提供する内定者SNS「エアリーフレッシャーズ」、育児休業者向けSNS「エアリーダイバーシティ」、社内SNS「エアリーオフィス」を含む、400社以上に提供中のSNSの総称で、限られたメンバーのみでコミュニケーションのとれる法人利用に最適なソリューションを提供するSaaS 型SNSです。

社内SNS「エアリーオフィス」とは、限られたメンバーのみでコミュニケーションのとれる社内利用に最適なソリューションを提供するSaaS 型SNSです。
社員各自が自分専用のマイページを持ち、プロフィール・日記・コミュニティへの参加や作成、コメントの書込みなどができ、非常にコミュニケーションが活性化しやすく、柔軟に活用できるのが特長です。また、無料でご利用いただけるビジネスマナーや、100以上の専門的な内容を学習できるeラーニングを実装することでも可能です。会社内だけの限定されたSNSを設けることで、社内での交流が希薄な企業様、部署や拠点が多くあり、コミュニケーションが取りたくても取れない企業様などは、「情報伝達の確実さ」や、「社員のロイヤリティーを高める」ことにお役立ていただけます。プライベートな趣味や興味をキッカケとして交流を持つことで、社内での結束力の強化により、会社への定着も期待できます。

https://cloud-radar.jp/detail105.html