企業を正常に運営していくに当たって「離職」が多いことは大きなダメージとなります。
仕事に慣れている、会社内の情報ややり方を知っている社員が辞めていくことは業務効率の低下を招くことだけでなく、「居心地の悪い会社」というイメージをつけかねないからです。
そこでここでは「離職防止」「定着向上」を可能とするツールについて紹介していきたいと思います。

「人事データで経営革新を」HRデータプラットフォーム ヒトマワリ | 株式会社Touch&Links

「人材データ」は社員のパーソナルデータです。個人情報や労務情報は整っていても、社員個人に紐づけたい情報は実はたくさんあるのではないでしょうか?紐づけようとするとExcelはどんどん横に伸びていって更新や集計が至難の業に、、、なんてことも起こってしまいます。
経営部門や管理部門は人事台帳を見てもその社員がどんな人間で何ができるのかわかりません。そんな状態でビジネスを大きくしていこうと組織編成を誤ってしまっては大変です!

『ヒトマワリ』は社員のパーソナルデータのマスターデータを作り、人事データの活用と業務効率を高める新しいHRデータプラットフォームです。
給与・勤怠・評価・労務のデータに加えて、所属部門や上長、スキル、企画書、開発実績、ポートフォリオ、参加プロジェクトetc. といった企業の組織づくりやビジネスに関する情報もすべてパーソナルデータとして「履歴」と共に一元管理します。

『ヒトマワリ』は人材データの集約、更新、閲覧をするだけではなく、人事部門の様々な業務効率機能にそのデータを活かしていきます。集約された情報から、人員構成や離職率を年次、月次で分析して可視化したり、組織編成の際に人材データを紐づかせながら組織シミュレーションも作成できます。評価ワークフローを利用すると、人材データにその履歴を反映し、評価・考課の運用も可能となります。

https://cloud.media-radar.jp/detail1550.html

チームワークアプリRECOG | 株式会社シンクスマイル

RECOGは組織やチームのバリューを楽しく浸透させカルチャーフィットした人材を育てることができるHRテックツールです。
従業員同士がバリュー(行動指針)付きのレターを贈り合うことで、理念の実践・実現につながり、組織文化が醸成します。組織文化が醸成し一体感のある組織になることで、各自の仕事への意欲(モチベーション)が高まり、定着率の改善、エンゲージメント向上が期待できます。

さらに、AIを活用して社内コミュニケーションを数値化、分析することで、将来のリーダー候補の発見、離職予備軍の発見など、組織改善に活用することができます。2018年5月に正式リリース以来、累計で233社48114人に活用され、導入企業先でこれまでに150万回以上の称賛レターが飛び交っています。(※2021年8月現在)

オプション機能として、「称賛給プログラム」(ピアボーナス として使用)などの機能を備え、様々な企業の課題に合わせた解決策を提案します。

https://cloud.media-radar.jp/detail799.html

コスト半分、応募2倍!自社採用HP制作/運用なら クラウドハウス採用 | 株式会社Techouse

「クラウドハウス採用」は、自社採用サイト経由の採用を増やす、オウンドメディアリクルーティングのためのクラウド型採用支援システムです。

※オウンドメディアリクルーティングとは、自社採用サイト(オウンドメディア)に【求職者を集める】×【採用につなげる】→【自社採用力を高める】採用手法です。

最近、自社採用サイトを活用した採用手法が注目されており、自社採用サイト経由の採用が劇的に拡大しています。自社採用サイトを活用した採用の成功には次の3つの要素が不可欠です。
 1.『訪問者数』 検索エンジンから求職者を集める
 2.『応募率』  自社ページ訪問者から応募を獲得する
 3.『採用率』  応募者を採用につなげる

「クラウドハウス採用」は、
 ・目標の採用数に対して応募・採用数が不足している
 ・人材紹介や求人媒体経由での採用で、採用費が高騰している
 ・人数は問題なく採用できているが質の良い人が取れていない
 ・自社への理解の薄い応募者が多く、採用後の早期離職率が高い
などのお悩みを解決いたします。

https://cloud.media-radar.jp/detail932.html

Unipos | Unipos株式会社

■Uniposとは
Uniposはピアボーナスを実現するWebサービスです。
感謝と称賛のポジティブな体験が称賛文化を醸成し、強い組織をつくります。

ピアボーナスとは?
Peer Bonus:“ Peer(仲間)+ Bonus(報酬)”
従業員同士が「貢献に対する称賛のメッセージ」と「少額のインセンティブ」を送り合う仕組みのこと。マネージャーや他部署から見えなかった貢献が可視化され、ポジティブな感謝・称賛のサイクルが習慣化します。

Point1:おくる
メッセージと少額のインセンティブを送る

Point2:もらう
リアクションで簡単返信
業務負荷がかからない設計

Point3:拍手する
おくった側・もらった側の双方に少額のインセンティブが送れる

■Uniposができること
「組織を変える行動を増やす」
Uniposを介した「貢献の見える化」が称賛文化を生み、風通しの良い組織風土をつくります。

■機能
Uniposは最小限の時間で、感謝・称賛・激励のやりとりを行えるように設計されています。

・Uniposにおける 投稿
Uniposにおける投稿では、感謝や称賛、激励のメッセージに加えて、ポイントを添えます。

・1クリックで貢献を称賛できる 拍手

・オープンなタイムライン
投稿はタイムライン形式で、全社員がリアルタイムに見ることができます。

・行動指針を浸透させる#ハッシュタグ

・時間をかけず、組織改善のヒントを得られる組織コンディション事前察知レポート

・効率的に振り返りができるアナリティクス機能

https://cloud.media-radar.jp/detail1524.html

離職防止・定着向上システム特徴

離職防止・定着向上ツールとは、会社で働く従業員の離職を防止し、会社に定着していく率を向上させていくための方策を支援していくためのツールです。
ここではその導入目的とシステムの特徴について紹介していきます。

従業員のモチベーションを向上させる

従業員が離職していく理由の大きなものとして「モチベーションの低下」ということがあります。
仕事に対して、職場に対して、同僚に対してのモチベーションが低下したことでやる気がなくなり離職するというものです。
そこで離職防止・定着向上ツールでは従業員のモチベーション向上を促す機能が備わっています。
従業員同士のコミュニケーションを取りやすくしたり、職場の雰囲気を変えやすいツールとなっているのです。

従業員の体調管理ができる

離職防止ツールには「ストレスチェック機能」「コンディションモニタリング機能」が備わっているものがあります。
これらを利用することで従業員のストレスがたまりすぎていないか、コンディションが悪化していないかということをチェックすることができ、心身のケアをすることができるようになっています。
心身が正常な状態で働くことで働きやすい環境をつくることが可能となるのです。

採用や配属部署のミスマッチを防ぐ

入社前にこの離職防止ツールを利用することで採用のミスマッチを防ぐことができるというものです。
離職の際に多い理由として「会社とのミスマッチ」があることに着目した機能となっています。
入社してみたが思っていた職場と違った、逆に採用してみたが思っていた従業員ではなかったというミスマッチを防ぐものです。
また、これは配属部署でも同様のことが言えます。

離職防止・定着向上導入時のメリット

離職防止・定着向上ツールを導入すると従業員の離職を防止することができるのですが、具体的にはどういったメリットがあるのでしょうか。
ここでは導入することのメリットについて順に紹介していきます。

職場環境を管理しやすい

ツールが備えている機能によって従業員のストレスチェックやコンディションの管理がしやすいということで、職場環境、労働環境を可視化しやすくなります。
職場環境をチェックしやすくなれば、問題点や課題点を発見しやすくなり、それらを改善することで従業員の満足度を向上させることが期待できます。

また、あらかじめ職場環境や従業員それぞれの労働環境を知っておくことで従業員が突然離職を言い出すということを未然に防ぐ手だてをうつことが可能となります。
従業員に個別で事前に対応することができるようになるというメリットがあるのです。

職場の活性化、モチベーション向上をはかることができる

職場環境の問題点を改善していくということは職場の活性化にもつながっていきます。
職場内でのコミュニケーションも活発になったりしていくことで人間関係の構築も期待できます。
また、従業員のモチベーション向上によって業務効率の向上も狙っていけます。
これも離職防止につながると言えます。

会社評価の向上

離職率が高いということは「働きにくい会社」というイメージにつながり、会社評価が下がることとなります。
働きにくい会社と思われていると応募者の減少、応募してくる人の質の低下などにつながっていきます。

逆に離職率が低い会社は会社評価も高くなっていきます。
会社評価が高いと就職活動を行っている学生や転職希望者からの評価が高くなるため、採用活動をしやすくなるというメリットがあります。

社内の採用活動力、離職防止率の向上

離職防止ツールの中には離職者の離職理由、原因の分析などを行う機能があり、それらのデータを蓄積していくことができます。
従業員がどういった理由によって会社を辞めていったのかを分析することにより、会社が抱えている問題点を発見することが可能となります。
また、離職する従業員の傾向分析を行うことで、未来の離職希望者を早期に発見できるということにもつながっていきます。

離職防止・定着向上導入時のデメリット(注意点)

離職防止ツールを利用することで離職率を低下させ、会社に定着していく率を高めることができるのですが、導入についてはいくつかの注意点もあります。
ここではそういった注意点を紹介していきます。

ツールの導入効果がわかりにくいことがある

業務効率化ツールのように結果がはっきりと数値化されるわけではないというところに注意が必要です。
ツールを導入したことで作業時間がこれだけ短くなった、というような明確なメリットが見えにくいという特徴があるのです。

ツールを導入したから離職率が低下したのか、ほかの原因によって離職者が少なかったのかがわかりにくいということもあります。
また、離職防止ツールを導入したからといってすぐに結果が出るというわけではありません。
社内アンケートを実施したり、職場環境の管理を行っていき、それに対して対策をして結果につながっていきますので、本当に結果が出るのは導入してからしばらく経ってからということになるのです。

導入にはコストがかかる

こういったツールにはどれにもいえることですが、離職防止ツールを導入するのにもコストがかかります。
導入する際の初期費用や月額使用料などに費用がかかります。
また、この離職防止ツールを管理する人の人件費などのコストもかかってきますので、導入する際には導入費用やランニングコストがどれだけかかってくるのかということを確認しておくと良いでしょう。

すべての従業員に受け入れられるわけではない

従業員にはそれぞれ個性があり、考え方や価値観が違っています。
離職防止ツールを導入して取り組んでいく会社の姿勢を好意的に受け取ってくれる従業員ももちろんいますが、こうした取り組みを「わずらわしい」と思う従業員もいます。
こうした従業員にとっては逆効果となってしまう可能性もあります。

社内の課題を改善!離職防止・定着向上を選定時のポイント

離職防止ツールには色々な種類があります。
それらの中で自社の目的にあったものを選んでいく必要があると言えます。
そこでここでは離職防止ツールを選ぶ際のポイントについて紹介していきます。

その会社で使いやすいものであるかどうか

離職防止ツールはそれぞれの会社の規模や業務内容によっても適したものがかわってきます。
特に従業員50人以上の会社で利用されていることが多いのですが、これは従業員が50人を超えるとストレスチェックが義務付けられているということと関係していると考えられます。
もちろん従業員50人未満の会社でもツールは利用できますので、従業員の人数などにも合わせて適したものを選ぶ必要があります。

また、導入したツールが使いやすいものでなければ継続的に利用していくことができません。
アンケートに答えやすい、操作しやすいというものを選ぶということが重要となってきます。
これは管理する側にも同じことが言えます。
管理者側からしても管理しやすいものを選ぶようにしましょう。

運営のサポートやフォローがあるものを選ぶ

離職防止ツールは導入すればよいというものではありません。
導入後、収集したデータを適切に活用していく必要があります。
その操作について不明な点がある場合などは運営会社のサポート、フォロー体制が重要となります。
サポート体制が整っているサービス、研修が行われるサービスなどを選んでおくと安心だと言えます。

候補がいくつかある場合は実際に試してみる

こうしたツールは実際に試してみないとわからないという部分があるのも事実です。
いくつか導入を考えているサービスの候補がある場合は「トライアル版」「無料体験版」などを利用して実際に試してみるというのもおすすめです。
自社で本当に効率よく使っていけるというものを選ぶと良いでしょう。

離職防止・定着向上事例や効果的な活用方法

離職防止ツールを導入したことで実際に効果的な活用をする方法を紹介していきます。
まず離職防止ツールの「コンディションケア」の機能を使うことで、離職者の業務内容を可視化し、業務傾向を分析していきます。
そこから離職の予兆をAIによって数値化することで検知することが可能となっており、これから離職をしていこうとしている従業員に対して早い段階で対応することができます。

また、離職防止ツールの中には「人事育成機能」を備えているものもあります。
これは新入社員、中途入社社員などに対するサポート機能のことで、会社になじめずに早期退職してしまうということを防ぐ効果が期待できます。
入社時のミスマッチを防ぐものとしては「適性検査機能」が利用できます。
入社前に会社とのミスマッチを発見したり、入社後の配属先のミスマッチを防ぐことができます。
これは性格や趣味、能力などの検査をすることで特性分析を行い、診断していくというものです。
こうした操作に自信がないという場合でも、運営会社の専任の担当者がしっかりフォローしてくれるという場合もあります。
必要に応じてそうしたサービスを選んでいくと良いでしょう。

離職防止・定着向上のまとめ

会社を正常に運営していき、業務効率を向上させていくには離職率を低下させる、従業員を定着させるということは非常に重要なポイントとなります。
離職防止・定着向上をしていくために離職防止ツールを導入するのは効果的なものだと言えます。
まだ実施していない場合はトライアル版や無料体験版を利用して試してみるのがおすすめです。