rakumo 株式会社

企業名 rakumo 株式会社
所在地 東京都中央区銀座2-15-2東急銀座二丁目ビル
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2016/10/24

rakumoワークフローは今までにない、「使いやすさ」を重点に設計したワークフローアプリケーションです。
社内の業務フローをデジタル化し電子承認や電子稟議を実現することはもちろん、これまで一方通行だった回覧でみんなの意見を集めたり、承認の背景やコメントも記入できたり、業務のやり取りをワークフローにまとめられます。スマートフォンやタブレットからも承認や申請が可能ですので、場所にとらわれない電子承認や電子稟議を実現することができます。

<主な機能>

rakumoワークフローは、回覧・承認など電子決裁や電子承認に必要な基本機能に加え、コメント機能などの便利な機能を多数搭載しています。また、今後新たな機能も多数追加していく予定です。

基本機能
回覧・承認、却下・差し戻し、代理申請・承認
申請書検索、優先度設定、印刷用申請書表示
便利な機能
コメント機能、申請書の下書き保存、コピー申請
申請者による承認者変更、承認者による承認者変更
申請者/承認者へのメール通知

<rakumoワークフローの特徴>

●特徴1 業務内容を一画面で流れるような経路にデザイン

チーム、組織内で業務フローに必要なメンバー、ステータスを簡単に閲覧しながら電子決裁や電子承認を進めることができます。申請フローや「承認」などの印影など利用者の視点に立ったUI設計を行っていますので、一画面で業務を俯瞰することができ、大変使いやすいサービスとなっています。

●特徴2 コメント機能を利用した付加情報の追加

申請への承認、却下、差し戻しを行う際に、コメントを付加することで実際に顔をあわせるような情報を追加できます。それにより情報共有だけでなく、業務の効率化と価値の向上を併せて行うことができます。


☆「rakumo(ラクモ)」はクラウド環境で動作するオフィスツール製品群の総称です。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2016/09/15

社員が経費精算を出してくれない、締め切りが守られない、申請された交通費がいい加減・・・そんな悩みはありませんか?毎月の経費申請に時間がとられてイライラしませんか?経費申請に使う時間で別の仕事ができたらいいなと思いませんか?

rakumoケイヒは、社員、経理部員、経営者みなさんの悩みを解決するクラウド型経費精算ソリューションです。経理部門の業務効率の改善、全社の生産性向上にrakumoケイヒを活用してみてください。

<rakumoケイヒの特徴>

●特徴1 運賃・乗換え情報との連携で素早く交通費精算

経費精算画面から、運賃・乗換情報を呼び出し、簡単に交通費計算。
定期区間は自動控除されます。
※運賃、乗換情報は「NAVITIME」(運営元:株式会社ナビタイムジャパン)が提供する情報を
 利用しています。


●特徴2 rakumoカレンダーとの連携で、スケジュールから交通費を自動計算

rakumoカレンダーの予定に登録した乗換情報が交通費として自動的に反映されます。
日常の移動情報がそのまま経費申請に反映されますので、月末慌てる必要はありません。
※カレンダー連携機能の使用にはrakumoケイヒとrakumoカレンダー双方の契約が必要です。

●特徴3 100%クラウド。面倒なシステム運用は不要

Google Appsアドオンツールのrakumoは、面倒なシステム運用や保守は不要。
もちろん、初期費用はかかりません。

☆「rakumo(ラクモ)」はクラウド環境で動作するオフィスツール製品群の総称です。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2016/09/15

rakumoボードは、シンプルで心地よい閲覧画面を備えた、社内の情報伝達・コミュニケーションを促進・活性化するGoogle Apps™ 向けの、情報ダッシュボードアプリです。

<主な機能>

rakumoボードは、rakumoの基本思想である「使いやすさ=利活用促進」を踏襲。
組織の情報共有に必要な機能を備えつつ、わかりやすいインターフェースを実現しました。
rakumoカレンダーとの連携も可能です。


-基本機能
コメント機能 / Good Job機能
リッチテキスト対応
速報機能
公開日時設定 / 期間設定
-便利な機能
マイボード
Google ドライブのファイル添付
ボードのアクセス権限

<rakumoボードの特徴>

●特徴1 社内の情報伝達・コミュニケーションを活性化

一般的な掲示機能に加え、コメントやGood Job!、速報機能など、社内コミュニケーションを活性化するための仕組みを提供します。
手触りの良い操作感と、使う人を迷わせない画面デザインの実現により、お知らせや発表、アイデア募集といった掲示に対する積極的な意見交換・情報共有が可能。社内のコミュニケーションが活性化します。

投稿画面ではリッチテキスト編集の他に、コメント/Good Job!受付可否や、速報投稿設定、公開開始/終了の日時の設定が可能です。

投稿画面で「速報を投稿する」にチェックを入れると、ボードの最上部に速報画面が現れます。交通トラブルや万が一の災害などの緊急時に全社に素早く情報を伝えることが可能です。


●特徴2 rakumoカレンダーとの連携を実現

rakumoカレンダー(別製品)の予定登録画面から、rakumoボードのメモボードに投稿が可能です。社内行事イベントなど、社員の予定に登録すると同時に、掲示板からもアナウンスすることで、情報伝達漏れを防ぎます。

●特徴3 管理・運用も簡単

設定(部署別、カテゴリー別)や権限に応じた投稿・閲覧制限、ポスト時の掲載期間設定も簡単に行えますので、複雑な管理や更新作業はありません。

投稿画面にて、公開(掲載開始)日時、および公開終了日時を最少15分単位で設定することができます。


●特徴4 ドメイン内の利用で情報漏洩の危険性なし

世界中からアクセスできるGoogle+では、社内情報をやり取りするSNSとしては常にセキュリティ上の不安が残ります。自社ドメイン内のみで利用するrakumoボードが、Google+の代わりに社内SNSとして活用できます。

<その他の便利な機能>

●マイボード

下書きとしてのメモや、自分の投稿したポスト一覧を(コメントを含めて)確認できるパーソナルボードです。更に「新着ポスト」と「更新ポスト」も選択でき、新しい投稿が一目でわかります。コメントの多い話題のポストに参加することができます。

●Google Drive ファイル添付

ボードへのポスト投稿時、添付ファイルとしてGoogle ドライブのファイルを簡単に選択できます。 用途例には、Googleフォームを利用したグループ内資料共有や社内アンケートなどがあります。


●ボードのアクセス権限

ボード単位で、ユーザー&グループごとにフルアクセス、閲覧のみ(書込不可)などの細かい権限設定が可能です。 用途例には、取締役会専用ボード、プロジェクト専用ボード などがあります。

☆「rakumo(ラクモ)」はクラウド環境で動作するオフィスツール製品群の総称です。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2016/09/15

rakumoタイムレコーダーは、従来の製品を上回る使いやすさに加えて、さらに楽しさを演出する特徴を持った出退勤管理アプリです。

<主な機能>

Felicaリーダーと組み合わせることで、SuicaやEdyをかざすだけで、打刻ができます。簡単で便利な上に、より精度の高い打刻データを取得することができ、高度な勤怠管理につながります。またタイムレコーダーでFelica打刻すると打刻者の情報がアバターとして表示され、自分の前に打刻した人も分かります。タイムレコーダーによる出退勤の打刻動作を通じて、仲間の勤務状況が分かります。

-基本機能
Felicaリーダー対応、Webブラウザからの打刻
外出・戻り対応、徹夜対応、打刻履歴参照・確認

-便利な機能
アバターマーチ

<rakumoタイムレコーダーを使った出退勤管理の特徴 >

●特徴1 ピッと簡単Felica対応

Webブラウザから打刻できる、だけではありません。Felicaが搭載されたカード、もしくは携帯電話をPasori(カードリーダー)にサッとかざすだけでタイムレコーダーの打刻が完了します。
また、キーボードの1,2,3,4キーを叩くだけで、各打刻モードが切り替わります。これにより、カバンとカードで両手が塞がっている時でも、スムーズな打刻切り替えを体験していただけます。

●特徴2 仲間の打刻が見えるタイムライン

打刻を行うたび、ユーザーのアバターがタイムラインに出現します。単なる打刻作業が、仲間とのちょっとしたゲームを楽しむ行為に変わり、社内コミュニケーションの活性化へと寄与します。
オフィスの出入り口を彩る楽しさを、御社にもいかがですか?

●特徴3 Google Apps™ ユーザーでなくても利用可能

管理者様のGoogle Apps™ アカウントさえあれば、それ以外のユーザーのGoogle Apps™ アカウントの有無は問わないので、簡単で安価な出退勤システムとして活用が可能です。

☆「rakumo(ラクモ)」はクラウド環境で動作するオフィスツール製品群の総称です。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2016/09/15

rakumoカレンダーは、Google カレンダーを日本企業の組織体系に適したグループカレンダーとして再デザイン。
組織体系と連携した個人、グループ(部署)単位でスケジュールを簡単に閲覧し、設備予約・施設予約も合わせて実施することができます。また、ユーザー企業の営業時間に合わせたスケジュール表示や、施設/設備、会議室と組織グループを分けた表示機能など利用者の視点に立ったUI設計により、使いやすいサービスを提供します。

rakumoカレンダーは、rakumoケイヒ、rakumoワークフローを連携するとよりラクになるサービスがあります。毎月の交通費計算がとてもラクになる機能と、経路設定で予定前後をブロック機能などなど業務改善&効率アップを期待できます。

<rakumoカレンダーの機能>

2015年10月にリニューアルしたrakumoカレンダーは、これまで以上に見やすく便利になりました。予定の登録も素早く簡単、組織階層から予定確認も可能です。こちらではrakumoカレンダーの主な新機能をご紹介します。今後も新機能が続々とリリースする予定です。

<rakumoカレンダーの特徴>

●特徴1 Google カレンダーを日本企業の組織体系に適した形に再デザイン

組織体系と連携した個人、グループ(部署)単位でスケジュールを簡単に閲覧することができます。また、ユーザー企業の営業時間に合わせたスケジュール表示や、設備、会議室と組織グループを分けた表示機能など利用者の視点に立ったUI設計により、使いやすいサービスを提供します。

●特徴2 Ajxを利用した軽快な操作感

レスポンスに問題があると一般的に言われているクラウド環境において、Ajaxを利用することで軽快な操作感を実現しました。クラウド環境でも、ストレスなく利用することが可能です。操作感に関してましては、オンラインデモでお確かめ頂けます。

●特徴3 rakumoカレンダーの表示形式

rakumoカレンダーは、日表示・週表示・月表示が可能です。

●特徴4 一度に複数人の空き時間を確認する「空き時間を探す」機能

rakumoカレンダーは、予定の空き時間が検索が可能です。
重要な会議の設定や急なスケジュール変更でも、参加者と施設の空き時間を一度で調整して、参加者の予定登録と施設予約や設備予約を同時に行うことができます。

<その他の機能>

●予定の種類(会議、外出等)を色分け表示

「予定の種類」を色分けで表示し、予定を確認する際、直感的に分かるようになっています。

●お客様ドメイン毎に、オリジナルのロゴ画像を表示

Google Apps™ でご利用いただいているロゴを表示することができます。

<rakumoカレンダー専用「rakumo設備予約オプション」>

●複数ドメインでの設備共有・予約を実現
標準のrakumoカレンダー、そして Google カレンダーに付帯する設備予約機能では不可能とされていた、ドメインをまたがった=異なる会社間での設備の共有・予約管理、リソース管理。「rakumo設備予約オプション」はそれらを可能にする、rakumoカレンダー専用のオプションサービスです。

※ご利用には Google Apps™, rakumoカレンダーの契約が別途必須となります。

こんな方におすすめです

・グループ会社内で同じ設備を共有している方
・ドメインをまたがったチーム内の予定を一括で管理したい方

☆「rakumo(ラクモ)」はクラウド環境で動作するオフィスツール製品群の総称です。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2016/09/15

rakumoコンタクトは、社内組織図として組織構造と個人を登録し、ツリー構造から連絡先をスピーディーに探し当てることができます。中~大規模組織のコミュニケーションをサポートします。
また、社内共通アドレス帳で取引先情報を共有することも可能で、外出の多い営業担当やフィールドエンジニアの方々の日々のビジネスをサポートします。

<主な機能>

rakumoコンタクトは、組織や検索による社員の連絡先検索に加え、
Gmailとの連携機能を備えています。

<rakumoコンタクトの特徴>

●特徴1 絶対探せる二つの経路

組織内連絡先は、組織ツリーから人を探すことに加えて、「氏名」「メールアドレス」「所属部署」などキーワード検索でも人を探すことが可能です。

●特徴2 Google Appsとの連携

照会画面から送信先を指定することで、Gmailのメーラーが立ち上がり、 すぐにメールを送信することが可能です。

☆「rakumo(ラクモ)」はクラウド環境で動作するオフィスツール製品群の総称です。

>>資料の詳細を見る

資料掲載について クラウドレーダー
特別割引

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、クラウドレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

メディアレーダー グローバルレーダー トラミー トラマガ Weekle(ウィークル) ママプレス
クラウドレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top