0円から始められるDXプラットフォーム「Hirameki 7」(ヒラメキセブン)とサイボウズOffice10とWeb社内報「InternalCommunication」の比較

クラウドレーダー
ロゴ 概要

資料更新日:2023/07/24

業務効率化から経営改善まで、中小企業が抱えるDX化への悩みを、Hirameki 7 で解決。 様々な業務を1つのプラットフォームで管理することで、売上貢献ならびに地⽅ビジネスの活性化をサポートします。 「Hirameki7」は中小企業のDX支援に特化したクラウドプラットフォームです。 中小企業が抱える様々な経営・業務課題をDXを通じて幅広く支援するため、経営安定化に欠かせない「7つの領域」を定義し、DXを促進する各機能を「ワンツール」に集約。 ウェブサイトの作成やファイルの管理・送信、社内で使えるグループチャットなど、様々なITツールを「個別の契…

>>資料の詳細を見る

ダウンロードできる資料が1件あります

資料更新日:2016/07/30

サイボウズ Officeは、企業や組織内の情報共有やコミュニケーションを支援するソフトウェアです。 スケジュール共有や会議室などを押さえる設備予約、掲示板やファイル共有、ワークフローといった豊富な機能を標準で備えています。 これまで、一般的な電子メールや電話、FAXなどで行っていた業務をグループウェアに集約することで、業務効率が改善され、チーム力が高まります。 価格は、クラウド版なら1ユーザー月額「500円」からご利用いただけます。

>>資料の詳細を見る

ダウンロードできる資料が5件あります

資料更新日:2016/09/20

InternalCommunicationはトップページがコミュニケーションポータルになっているため、経営者からのメッセージや社員からの伝言等がスムーズに伝わります。電子社内報としての活用はもちろん、閲覧権数の表示や記事のアップ、コメント登録も簡単にできるため、社員同士のコミュニケーション活性化にも役立ち、リアルタイムに情報を共有することができます。 ●標準装備されたグループウェア機能 メール・ToDoリスト・掲示板・アドレス帳・回覧板など、便利な機能が標準装備。コミュニケーション以外にも役立ちます。 ●承認機能搭載洗練された情報を配信 コ…

>>資料の詳細を見る

ダウンロード出来る資料がありません


このページの先頭に戻る
▲ page top