0円から始められるDXプラットフォーム「Hirameki 7」(ヒラメキセブン)とサイボウズOffice10とクラウドPBX「MOT/TEL(モッテル)」の比較

クラウドレーダー
ロゴ 概要

資料更新日:2023/07/24

業務効率化から経営改善まで、中小企業が抱えるDX化への悩みを、Hirameki 7 で解決。 様々な業務を1つのプラットフォームで管理することで、売上貢献ならびに地⽅ビジネスの活性化をサポートします。 「Hirameki7」は中小企業のDX支援に特化したクラウドプラットフォームです。 中小企業が抱える様々な経営・業務課題をDXを通じて幅広く支援するため、経営安定化に欠かせない「7つの領域」を定義し、DXを促進する各機能を「ワンツール」に集約。 ウェブサイトの作成やファイルの管理・送信、社内で使えるグループチャットなど、様々なITツールを「個別の契…

>>資料の詳細を見る

ダウンロードできる資料が1件あります

資料更新日:2016/07/30

サイボウズ Officeは、企業や組織内の情報共有やコミュニケーションを支援するソフトウェアです。 スケジュール共有や会議室などを押さえる設備予約、掲示板やファイル共有、ワークフローといった豊富な機能を標準で備えています。 これまで、一般的な電子メールや電話、FAXなどで行っていた業務をグループウェアに集約することで、業務効率が改善され、チーム力が高まります。 価格は、クラウド版なら1ユーザー月額「500円」からご利用いただけます。

>>資料の詳細を見る

ダウンロードできる資料が5件あります

資料更新日:2016/09/20

スマートフォン、PCがアプリでビジネスフォン・FAXになるクラウド型IP-PBX。通信設備の導入コスト、利用料金を大幅に削減。固定電話から乗り換えでも電話番号がそのまま使える。内線化による無料通話、BYODを低価格で簡単に実現します。 MOT/TELとは、12,000社以上の導入実績を持つ、据え置き型ビジネスホン(MOT/PBX)の技術を生かし小規模のオフィスにも利用しやすく手軽に設備投資0円で利用できるクラウド型ビジネスホン。スマートフォンやパソコンにソフトフォンアプリを入れる事でビジネスホンの機能(内線・保留・転送・代表番号発信など)を利用でき…

>>資料の詳細を見る

ダウンロード出来る資料がありません


このページの先頭に戻る
▲ page top