株式会社レイ・イージス・ジャパン

企業名 株式会社レイ・イージス・ジャパン
所在地 東京都新宿区西新宿1-26-2 新宿野村ビル32階
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2022/05/11

Webサイトセキュリティを強化したいが、そのためにまず何からすればよいか。
サイバー攻撃の現在の状況から、一般的なセキュリティ診断の診断範囲のご紹介や、実際にレイ・イージス・ジャパンで提供している診断のご紹介まで、セキュリティ診断の選び方をご説明します。

━━━━━━━━━━
▼概要
━━━━━━━━━━

1.複雑化するセキュリティインシデント
 └情報セキュリティ10大脅威2022(IPA)をもとにサイバー攻撃の現在の状況
2.セキュリティ診断の種類と選び⽅
 └「Webアプリケーション診断」「プラットフォーム診断」「ペネトレーションテスト」など各種存在するセキュリティ診断の種類とその概要

3.セキュリティ診断の実施⽅法
 └「リモート診断」「オンサイト診断」など実施方法の概要

4.セキュリティ診断の選び⽅
 └Webアプリケーションに対して、どのような診断が推奨か
 └レイ・イージスが提供するサービスでの実例紹介


▼提供可能サービス


・Webアプリケーション診断(ツール診断、ツール+手動診断いずれも可)
 └AIクイック・ツール脆弱性診断/AIリモート脆弱性診断

・ペネトレーションテスト(Webアプリケーション診断+侵入テスト)

・プラットフォーム診断

・モバイルアプリ診断

・DDos演習

その他ファレンジックサービスや、マルウェア検知サービス、クラウド型WAFの提供など各種セキュリティサービスを提供しております。

□株式会社レイ・イージス・ジャパン

セキュリティ診断サービスやセキュリティコンサルティングサービスを提供する目的で、株式会社アリス(本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:小林 賢治、 以下「アリス」)及び、 RayAegis Information Security(本社: 台湾新北市新店区、 責任者 江格)との合弁で2019年10月に設立されました。 経験豊富で技術力の高いホワイトハッカーを250名以上擁するRayAegisの技術力を背景に、 国内においてAIを利用した独自開発ツールを活用し、 高度なWebアプリケーション脆弱性診断やペネトレーションテストなどのセキュリティサービスをFQDN単位の一律価格にて提供しています。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/12/06

レイ・イージスの脆弱性診断は、独自開発プラグインや独自AIツールと専任セキュリティエンジニアの力を組み合わせてシステムのセキュリティホールを診断するサービスです。

大きな特長として、以下の4つが挙げられます。
パッケージ型定額サービスのため、大規模システムになるほど安価に利用可能
診断規模に関わらない定額サービスのため、事前に診断対象を絞り込む手間が不要
独自AIツールによる自動診断で、ページ数の多いECサイトでも1~5営業日の短期間診断が可能
発見項目の再診断など、追加費用無しにパッケージ内だけで手厚いアフターサポートを実施

また、レイ・イージスのペネトレーションテストは、一般的な脆弱性診断がバンドルされた完全上位互換サービスです。
まずはAIエンジンを使った脆弱性診断やプラットフォーム診断を実施し、そこから得られる脆弱性情報などを活用しながら、経験豊富な診断エンジニアが独自開発のAIエンジンによる侵入ツールを駆使して、お客様と協議の上、想定される攻撃や目標を設定してシステムへの侵入を試みます。

いずれのサービスもFQDNもしくはIP(ホスト)単位の透明性の高い固定金額となっております。お客様の手間いらずで短期間に高度な診断を低価格でご提供するサービスとなっています。

>>資料の詳細を見る

クラウドレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top