中小企業もターゲットに!サイバー攻撃から身を守る、Webサイトへの診断とは

Powered by 株式会社レイ・イージス・ジャパン

クラウドレーダー
中小企業もターゲットに!サイバー攻撃から身を守る、Webサイトへの診断とはの媒体資料
資料更新日:2022/05/11

資料のダウンロードはこちら(無料)

  • セキュリティ診断サービスの選び方.pdf(1.79MB)
Webサイトセキュリティを強化したいが、そのためにまず何からすればよいか。
サイバー攻撃の現在の状況から、一般的なセキュリティ診断の診断範囲のご紹介や、実際にレイ・イージス・ジャパンで提供している診断のご紹介まで、セキュリティ診断の選び方をご説明します。

━━━━━━━━━━
▼概要
━━━━━━━━━━

1.複雑化するセキュリティインシデント
 └情報セキュリティ10大脅威2022(IPA)をもとにサイバー攻撃の現在の状況
2.セキュリティ診断の種類と選び⽅
 └「Webアプリケーション診断」「プラットフォーム診断」「ペネトレーションテスト」など各種存在するセキュリティ診断の種類とその概要

3.セキュリティ診断の実施⽅法
 └「リモート診断」「オンサイト診断」など実施方法の概要

4.セキュリティ診断の選び⽅
 └Webアプリケーションに対して、どのような診断が推奨か
 └レイ・イージスが提供するサービスでの実例紹介


▼提供可能サービス


・Webアプリケーション診断(ツール診断、ツール+手動診断いずれも可)
 └AIクイック・ツール脆弱性診断/AIリモート脆弱性診断

・ペネトレーションテスト(Webアプリケーション診断+侵入テスト)

・プラットフォーム診断

・モバイルアプリ診断

・DDos演習

その他ファレンジックサービスや、マルウェア検知サービス、クラウド型WAFの提供など各種セキュリティサービスを提供しております。

□株式会社レイ・イージス・ジャパン

セキュリティ診断サービスやセキュリティコンサルティングサービスを提供する目的で、株式会社アリス(本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:小林 賢治、 以下「アリス」)及び、 RayAegis Information Security(本社: 台湾新北市新店区、 責任者 江格)との合弁で2019年10月に設立されました。 経験豊富で技術力の高いホワイトハッカーを250名以上擁するRayAegisの技術力を背景に、 国内においてAIを利用した独自開発ツールを活用し、 高度なWebアプリケーション脆弱性診断やペネトレーションテストなどのセキュリティサービスをFQDN単位の一律価格にて提供しています。

※資料のダウンロードには会員登録が必要です。 会員の方はログインしてダウンロードしてください。

  • セキュリティ診断サービスの選び方.pdf(1.79MB)
同じジャンルで比較

他にもこんな資料がダウンロードされています

新着資料

人気資料

資料掲載について クラウドレーダー
特別割引

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、クラウドレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

メディアレーダー グローバルレーダー トラミー トラマガ マーケブック Weekle(ウィークル) ママプレス
クラウドレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top