レイ・イージス:常識破りの脆弱性診断とペネトレーションテスト

Powered by 株式会社レイ・イージス・ジャパン

クラウドレーダー
レイ・イージス:常識破りの脆弱性診断とペネトレーションテストの媒体資料
資料更新日:2021/12/06

資料のダウンロードはこちら(無料)

  • 脆弱性診断とペネトレーションテスト クラウドレーダー.pdf(4.89MB)
レイ・イージスの脆弱性診断は、独自開発プラグインや独自AIツールと専任セキュリティエンジニアの力を組み合わせてシステムのセキュリティホールを診断するサービスです。

大きな特長として、以下の4つが挙げられます。
パッケージ型定額サービスのため、大規模システムになるほど安価に利用可能
診断規模に関わらない定額サービスのため、事前に診断対象を絞り込む手間が不要
独自AIツールによる自動診断で、ページ数の多いECサイトでも1~5営業日の短期間診断が可能
発見項目の再診断など、追加費用無しにパッケージ内だけで手厚いアフターサポートを実施

また、レイ・イージスのペネトレーションテストは、一般的な脆弱性診断がバンドルされた完全上位互換サービスです。
まずはAIエンジンを使った脆弱性診断やプラットフォーム診断を実施し、そこから得られる脆弱性情報などを活用しながら、経験豊富な診断エンジニアが独自開発のAIエンジンによる侵入ツールを駆使して、お客様と協議の上、想定される攻撃や目標を設定してシステムへの侵入を試みます。

いずれのサービスもFQDNもしくはIP(ホスト)単位の透明性の高い固定金額となっております。お客様の手間いらずで短期間に高度な診断を低価格でご提供するサービスとなっています。
オススメ
脆弱性診断は、モバイルアプリを含め以下の3つのメニューからの選択になります。
1.AIリモート脆弱性診断 (Webアプリケーションの脆弱性を、AIツールと専任診断員の手動診断により68~99項目で診断)
2.AIクイック・ツール診断(診断項目は45項目。独自開発の脆弱性探査ツールで、自動ツール診断)
3.モバイルアプリ診断(独自開発の静的・動的脆弱性探査ツールにより、iOS/Androidモバイルアプリケーションに対してサーバー側に影響を与えず 最短1日で高速に診断・解析を実施。アプリケーションの動作そのものについても擬似的に動作させ、動的解析を行う)

ペネトレーションテストについては以下のような特徴があります
1.ペネトレーションテストだけでなく、脆弱性診断も標準で含まれている
2.独自開発AIツールによる効率的な探索・侵入
3.追加費用なしで、診断後1年間何度でも再診断に対応

※資料のダウンロードには会員登録が必要です。 会員の方はログインしてダウンロードしてください。

  • 脆弱性診断とペネトレーションテスト クラウドレーダー.pdf(4.89MB)
同じジャンルで比較

他にもこんな資料がダウンロードされています

新着資料

人気資料

資料掲載について クラウドレーダー
特別割引

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、クラウドレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

メディアレーダー グローバルレーダー トラミー トラマガ マーケブック Weekle(ウィークル) ママプレス
クラウドレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top