太陽光遠隔監視システム いつどこモニタ

Powered by 幸設備工業株式会社

クラウドレーダー

太陽光遠隔監視システム いつどこモニタの媒体資料資料更新日:2021/09/22

この媒体・サービスは独自調査のため、資料がありません

いつどこモニタは太陽光発電を遠隔から監視できるサービスです。
シンプルかつ使いやすいデザインで幅広い年代の方からご支持をいただいております。
パワコン毎の監視で小さな異常を早期に発見できる他、
別々の場所にある発電所もワンタッチで一元管理が可能。
スマホ監視やLTE回線にも標準対応しております。

■シンプルで使いやすいデザイン!
日々のチェックがストレスになれば、せっかくの監視システムも台無しになってしまいます。
「わかる人にはわかる」ではなく、誰にでもストレスなく使える「本当の使いやすさ」を追求し、
必要機能をシンプルにわかりやすく配置しています。
トップページには利用頻度の高い情報を集約し、より直感的な操作が可能となっています。

■高性能カメラを標準装備
遠隔地にある発電所の様々な問題を解決する為、監視カメラを標準装備しております。
さらに、高速LTE回線を利用することで、従来の静止画がコマ送りで送られてくる形式ではなく、
動画での厳重かつ繊細な監視を実現。

■Web写真閲覧システム
『いつどこモニタ』は標準装備された固定式監視カメラの機能である、
動体検知機能(動くものに反応し写真を撮影する機能)や
定期送信機能(設定した時間間隔で写真を撮影送信する機能)によって
撮影された写真を「いつどこモニタ」のWEB画面上で簡単に確認できます。

■業界トップクラスの計測精度±2%
電圧測定及び力率計算による電力測定を行いますので、定格に対して±2%の測定が可能。
当システムで採用している機器は、国内の大手電機メーカーの計測器で
もともと工場や企業、学校などのエネルギー管理などにも使用され信頼性が非常に高く、
数多くの採用実績のある計測器です。

■基準発電量との比較
お客様毎に違う発電環境(お住まいの地域の日射量、パネルの種類や容量、設置角度や方角)を考慮した発電量を「基準発電量」とし、実際に発電した「実発電量」と比較した発電診断機能を搭載しています。
メーカーシミュレーションとの比較はもちろん、
基準発電量との比較もできるので日射量に見合った発電量の確認や、
蓄積されたデータを元に経年劣化の判断にも役立ちます。

■パワコン台数無制限
パネルやパワコンのメーカー、台数を問わず、モニタリングが可能です。

■自己リセットと定時再起動
電波環境の悪化や通信エラーなど、予期せぬ事態に備えて自己リセット・定時再起動機能を搭載。

■20年の長期データ保管
本体のSDカード及びサーバとで20年間ダブルでバックアップ致します。
オススメ
■メンテナンスや点検に役立つリアルタイム測定サービス
いつどこモニタのボックスにQRコードを準備。スマホをかざすだけで今の発電状況を瞬時に確認できます。
これにより、現地で稼働状況を瞬時にチェックできるため、より正確で素早いメンテナンスが可能になります。

■電圧抑制が発生していませんか電圧・電流値を見える化
いつどこモニタであれば電圧・電流を見やすいグラフで監視が可能です。

■気象庁観測所のデータを取得 発電診断自動化
発電所の詳細をいつどこモニタへ入力するだけで、発電診断することが可能になりました。

他にもこんな資料がダウンロードされています

新着資料

人気資料

資料掲載について クラウドレーダー
特別割引

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、クラウドレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

メディアレーダー グローバルレーダー トラミー トラマガ Weekle(ウィークル) ママプレス
クラウドレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top