Dr.オフィスLookJOB|登録できる人数“無制限・定額制”の勤怠管理システム

Powered by 株式会社庚伸

クラウドレーダー
Dr.オフィスLookJOB|登録できる人数“無制限・定額制”の勤怠管理システムの媒体資料
資料更新日:2022/06/06

資料のダウンロードはこちら(無料)

  • DrオフィスLookJOB資料.pdf(23.24MB)
【登録できる従業員数なんと“無制限”】圧倒的なコストパフォーマンス!
登録人数無制限。
だから、テレワークや働き方改革などの「フレキシブルな労務体系」に強い!

“Dr.オフィスLookJOB2”は、社員の勤怠に関わるあらゆるものを「見える化」し、打刻処理・勤怠締め処理を簡易にすることで、全社の労務管理品質を向上させつつ、労務コスト削減に貢献します。

現場で働く従業員だけでなく、勤怠を管理する労務人事部門に「働き方革命」をもたらします。

【 IT導入補助金対応プランあり 】
IT導入補助金を上手に活用してDr.オフィスLookJOB2をお得にご導入頂けます!


従業員(アルバイト・パートを含む)が多いほどお得!
圧倒的なコストパフォーマンスを誇る“Dr.オフィスLookJOB2”は、従業員数単位の課金ではなく、「登録人数無制限の定額制」という料金体系です。
利用しなくなったアカウントを削除せず永久的に保持し続けられるのは、Dr.オフィスLookJOB2だけのアドバンテージ。従業員全員が利用したときの金額を他社製品と比較してみて下さい

有給申請についてもクラウド上で完結し打刻漏れや申請漏れの通知機能も標準装備し、打刻をする側だけでなく勤怠を管理する側にとっても、従来のタイムカード等より楽ちんです。



データ保持も無制限。
古いデータの整理など、煩わしかった作業が一切不要に!

Dr.オフィスLookJOB2は従業員数単位の課金ではなく、登録人数無制限の定額制という料金体系。
そのため利用しなくなったアカウントも削除をする必要がなく、永久的に保持し続けることができます。

これはDr.オフィスLookJOB2だけのアドバンテージ。
短期雇用や単発のアルバイト・パートの就業データも保持し続けますので、雇用人数が短期間に増えてもデータ管理に悩まされることがありません。
従業員全員が利用したときの金額を他社製品と比較してみて下さい。


スマホのGPSで、場所を問わずいつでもどこでも出退勤を申請・承認。
テレワークなどの在宅勤務はもちろん、直行・直帰などの外出先からの打刻もその場で簡単に行なえるので、更に使いやすい!
上司上長の方の承認作業も同様。場所を選ばず時間も取らずにスマホやPCで簡単に申請の承認が行なえます。

スマホ対応のメリット
・GPSデータを参照することで「不正な直行直帰を防ぐことができる」。
・スマホだけで打刻が完結するので「共用の打刻端末が不要」。
・今の時代に合った「非接触ニーズ」に応える。
・打刻用ICカードの代わりにスマホを利用可能。


【料金プラン】
・Dr.オフィスLookJOB2(人数無制限)プラン
 9,800円(税込10,780円)/月

・Dr.オフィスLookJOB2 essential(ご利用人数39人まで)プラン
 3,800円(税込4,180円)/月
オススメ
DrオフィスLookJOB2の他社製品と違う大きな特徴は3点あります。

①人数及び拠点数無制限定額制であり、社員、アルバイト、複数拠点においてもコストを気にせず導入が行える点。

②導入後においてもオペレーターによるリモートサポート等が充実しており、ITリテラシーに不安を抱えている方にも安心してお使いいただける点。

③GPSでの打刻場所の管理や働き方改革関連法案に対するアラート機能等、他の勤怠システムに備わっている殆どの機能を追加料金なしで利用することができる点です。

特に管理する従業員人数の多い企業様にうってつけです。
例えばアルバイトが多い飲食業の方や、事業拡大に伴い人員が急増している事業者様、医療業界や介護業界など、人の入れ替わりが多い業種にもぴったり当てはまります。

※日本トレンドリサーチがおこなった勤怠管理システムについての調査において、Dr.オフィスLookJOB2が「勤怠管理システム 価格満足度 第1位」、「労務・人事担当者にオススメの勤怠管理システム 第1位」、「導入しやすい勤怠管理システム 第1位」の三冠を獲得しました。他社製品に負けない自信があります!

※資料のダウンロードには会員登録が必要です。 会員の方はログインしてダウンロードしてください。

  • DrオフィスLookJOB資料.pdf(23.24MB)
同じジャンルで比較

他にもこんな資料がダウンロードされています

新着資料

人気資料

クラウドレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top