脳科学ラーニング

Powered by 株式会社サイトビジット

クラウドレーダー

脳科学ラーニングの媒体資料資料更新日:2019/10/16

この媒体・サービスは独自調査のため、資料がありません

脳科学に基づいた問題演習機能=脳科学ラーニング
資格スクエアが独自に提供している問題演習機能(脳科学ラーニング)では記憶力に自信のない方でも、着実な記憶定着へ導く仕組みになっており、オンライン上に蓄積されているあなたの学習履歴・理解を分析することにより、個人に合わせた問題提示が可能です。 本機能は、東京大学教授であり脳科学研究者である池谷裕二氏監修のもと開発を進めた人工知能サポートシステムです。 合格への学習効率化を図ります。

理解度チェック 【各講義】
サンプル1復習を繰り返すごとに、あなた専用の問題演習へ
各講義(約1時間)の視聴が終了したら、まずは理解度チェックで講義内容の把握度を確認。「もちろん○」「たぶん○」「たぶん×」「もちろん×」の四択から解答。2回目からは理解度の低い問題から順に出題され、自信がなく正解した問題も、自動的に復習対象になります。また全体の正答率も鑑みて、「正解しなければいけない問題」を優先的に出題。復習を繰り返すごとに、より確実な知識定着へ。
2確認テスト【複数講義をまとめて】
サンプル2様々な知識を同時に処理する能力を身につける
複数回の講義の理解度をまとめてチェック。もちろん問題は、「理解度チェック」の結果から算出された「あなたの弱点問題」から出題。出題形式はテストでも実際に問われる、正しい組み合わせを選択肢から選ぶ読解問題形式。複数講義の内容を同時に提示することで、様々な知識を同時に処理する能力を身につけていきます。
3総復習テスト【最終チェック】
サンプル3時間制限設定のある実力判定テスト
全ての講義が聞き終わったら、知識の総復習です。最後の総復習テストでは、読解問題形式で全受講者統一の問題が出題されます。実際のテストを意識した構成ですので、制限時間も設けられています。本番試験での合格ラインは、総復習テストの80%の正答率となります。最後の力試しとし、自分の知識に挑みましょう。
4進捗&成績管理機能
サンプル4進捗&成績管理機能で自分の進行度を「見える化」
講義の進行度、問題演習の成績もオンライン上で確認可能。可視化させることにより、合格ラインまでの差や、自分の学習進行度を理解でき、合格までの見通しを明確に位置づけられます
オススメ
東京大学教授であり脳科学研究者である池谷裕二氏監修のもと開発を進めた人工知能サポートシステムです。

他にもこんな資料がダウンロードされています

新着資料

人気資料

資料掲載について クラウドレーダー
特別割引

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、クラウドレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

メディアレーダー グローバルレーダー トラミー トラマガ マーケブック Weekle(ウィークル) ママプレス
クラウドレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top