Necto™

Powered by 株式会社日本テクニクス

クラウドレーダー

Necto™の媒体資料資料更新日:2021/09/08

この媒体・サービスは独自調査のため、資料がありません

業界トップのセキュリティレベル 全社統一分析を支援する最新鋭のBIソリューション

Panorama Software社(パノラマソフトウェア社)が開発した、業界初のソーシャル機能対応のビジネスインテリジェンスソリューションNecto™は、企業内のデータ、インサイト(洞察)、人を連携できる画期的なソリューションです。ソーシャルインテリジェンスのパワーを活用して高いデータ関連性を持つ合理的なインサイトをより迅速に、効率よく提供する次世代BIソリューション、それがNecto™です。

企業や組織の中で蓄積されているデータを、経営者・管理職・一般社員などのあらゆる人々がそれぞれの権限の範囲内で閲覧し、さまざまな形式で活用することで、迅速な意思決定をサポートするBIツールです。
例えば、日々の売上集計や分析を行い、それに基づくレポート作成をクリックだけで作成することができます。また、経営指標や業績指標をダッシュボード化することで一目で把握することができます。

Necto™は新しいパラダイムに基づいて開発された画期的なBIシステムで、ユーザの行動パターンを学習し、把握します。さらに新しい洞察の自動生成、問題の根本的原因の抽出、有利な機会の発見を可能にします。製品、サービス、営業地域など共通の利益をもつそれぞれの専門グループが企業全体のソーシャルインサイト生成のためのネットワークとして機能することによって、共同作業による意思決定実行のためのプラットフォームを提供します。

ビジネスユーザ主導によるアプリケーションNecto™は、3本の柱で構築されています。
■ソーシャルBI
Necto™は企業が保有しているデータ、インサイト、人をコネクトします。
業界初のソーシャル機能対応のプラットフォームにより、
適切な担当者が必要とするインサイトを入手できるのはもちろん、
BIシステム上で行われる情報のやりとりやディスカッションを開始、実行し、
内容の追跡を行うことが可能です。

■洞察の自動生成
革新的ビジネスインテリジェンスNecto™は、強固な事業環境でソーシャルインテリジェンスのメリットを
活かして、業務に関連性の高いきわめて重要な洞察を取得することができます。

・「ワンクリックインサイト機能」により膨大なデータから、
データの傾向や課題をピンポイントで迅速に抽出
・「原因と結果機能」により課題の原因を自動的に特定


■セルフサービスBI
ユーザー指向の設計と機能により、簡単に独自のビュー、帳票、リンク、分析フレームワークが
作成できます。さらにNecto™の自動化プロセスとコラボレーションツールにより、
ソリューションとコンスタントに交信を続けるだけで、
使用方法や洞察を連続的に拡張することが可能です。

■特徴
・全社統一分析を管理するウェブ対応のBI

・見やすく使いやすいダッシュボードと
シンプルなインフォグラフィック表示

・自動分析で見えない洞察を見える化

・BIコンテンツを同僚と簡単に共有

・安心のセキュリティ対策、拡張可能

・ビジネスの変化に対応、KPIアラート機能を搭載

・保有するデータをすべてマッシュアップ

・シンプルで迅速な開発が可能
オススメ
Q:操作は難しいですか?
A:マウスを利用して簡単に操作することができます。
Necto™は、基本的にマウス操作で分析及びレポート作成が可能です。
加えて、お客様が日々ご利用になっているExcelやWebブラウザを
ユーザーインターフェースとして利用しています。
より効果的にNecto™をご利用いただくために、トレーニングサービスをご用意しております。

Q:大量のデータを扱った場合、処理速度は低下しますか?
A:いいえ、低下しません。Necto™では、数億件のデータを高速処理することができます。
独自のスマート・キャッシング機能があり、
高速でユーザーの分析や集計リクエストを表示させることができます。
システム環境などにもよりますが、1億件のデータであっても数秒で結果を返すことが可能です。

他にもこんな資料がダウンロードされています

新着資料

人気資料

資料掲載について クラウドレーダー
特別割引

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、クラウドレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

メディアレーダー グローバルレーダー トラミー トラマガ Weekle(ウィークル) ママプレス
クラウドレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top