企業経営管理統合プラットフォーム:CCH Tagetik

Powered by Tagetik Japan 株式会社

クラウドレーダー

企業経営管理統合プラットフォーム:CCH Tagetik資料更新日:2021/11/18

この媒体・サービスは独自調査のため、資料がありません

不確実性の高い時代であるからこそ、想定外の事態が企業経営に与えるインパクトを予測し、自社の実態把握と予測をリアルタイムに行い、経営の意思決定を迅速に行っていくことが重要になります。そこで注目されるのが、将来予測や予実管理などが可能になるEPM(Enterprise Performance Management)ツールです。導入を検討されているお客様にEPMのメリットや、ツールを選択する際のポイントなどをわかりやすくご紹介します。

●EPMの導入により得られるメリット
✓予算編成や利益計画の見直しなど経営管理における業務プロセスの標準化
✓販売部門・製造部門、グループ会社などの組織横断的な情報のリアルタイム共有
✓統合管理データ(販売計画、人員計画、生産計画)による正しい経営判断の支援
✓企業価値向上のための事業ポートフォリオ・マネジメントの実現
✓非会計データを活用した将来の予測・シミュレーション


●機能の特徴
CCH Tagetikは1製品で 「予算管理」「連結管理」「開示/報告」 の3つのモジュールを網羅し、必要な各種機能を取り揃えております。
ご要件に即したモジュールをご契約いただき利用することが可能です。
企業単体での業績管理から、グループの連結業績管理まで、企業の成長や事業規模拡大に合わせて、段階的にシステムを拡張することが可能です。
オススメ
●EPMの役割と選び方のポイント
外的/内的要因により経営環境に変化が生じた場合、速やかに事業計画を変更する必要があります。多くの企業で用いられているERPは、企業のマネジメントサイクル(PDCA)の D(実行)に該当します。一方のP(計画)C(分析)A(改善)に該当するEPMは、分析ツールにより将来予測を行うことができ、改善アクションプランの策定までつなげることができます。
EPMを選ぶ際は、本社を含めて地方拠点やグループ企業の経営情報を組織や事業といった多面的な軸で見れることが重要です。また、データ収集からレポート作成までを、迅速かつ容易にできるか否かも要チェックです。

他にもこんな資料がダウンロードされています

新着資料

人気資料

資料掲載について クラウドレーダー
特別割引

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、クラウドレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

メディアレーダー グローバルレーダー トラミー トラマガ マーケブック Weekle(ウィークル) ママプレス
クラウドレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top