「マーケティング」「システム」の資料一覧

検索結果:5件の資料が見つかりました。
クラウドレーダー
ONOFF
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2022/11/08

複数店舗のGoogleマイビジネスを一括管理!
MEO対策で集客を伸ばすなら「Canly(カンリー)」

【Googleマイビジネスとは】
Googleマイビジネスは、さまざまな Googleサービス(Google検索や Googleマップなど)上にローカル ビジネス情報を表示し、管理することができる無料ツールです。
情報発信、口コミ収集、ネット予約などの様々な機能を持ち集客増加、人材採用などの目的で利用できます。

【Canlyとは】
Canlyは、Googleマイビジネスや各SNSの店舗アカウントを一括管理することで、管理・運用コストの削減、データ分析により店舗運営上の課題を特定し施策の改善につなげる店舗管理クラウドサービスです。

【Canlyでできること】
①店舗情報をグループごとに一括で更新(SNS含む)
②店舗情報の改ざんを防止
③全店舗のデータ分析
④クチコミの一元管理

【Canlyのサービス紹介資料でわかること】
・株式会社カンリーについて
・Googleマイビジネスが注目されている背景とその問題点
・Canlyの各機能のご紹介
・Canlyを導入したお客様の事例


【おすすめポイント・メニュー等】

<こんな方におすすめ>
・今後、Googleマイビジネスを本格的に整備していきたいとお考えの方
・Googleマイビジネス運用に課題を感じているが、具体的な改善施策がわからないとお悩みの方
・Googleマイビジネスの最新トレンドに関心のある方

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/11/07

RaQubo(ラクーボ)は、⽣産性を⾼めるための“パソコン業務の⾃動化ツール” で
⼀般的にはRPAツールと も⾔われます。ヒトの作業をツールに代替させることで様々なメリットがあります。

<メリット>
・低コストでのリソース確保
・残業や時間外労働の削減
・精神的な負担のある作業からの解放
・オペレーション標準化や⾃動化の⽂化醸成

<RPAの特徴>
・⼈間が⾏うパソコン操作を再現するソフトウェア
・ルールに基づく明確な動作指⽰に基づき稼働
・ヒトよりも低コストなリソース

<RaQuboの特徴>
・UIがシンプル、ノーコードで設定が簡単
・“使えない”を起こさない伴⾛型サポート
・操作対象が万能な“デスクトップ型RPA”

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/08/06

LineupはLINE公式アカウント上で、商品を販売・管理できるようにするサービスです。
顧客は最短わずか2タップでLINE上で商品を購入できるようになります。

■こんな方におすすめ
・お客様対応をLINE上で完結させ、商品販売を効率化したい通販事業者様
・ECモール/フリマアプリを活用しているが、リピート客をより増やしたい通販事業者様
・店舗で運用しているLINE公式アカウントから店舗商品を販売したい事業者様
・販売チャネルを増やしたい通販事業者様

■LINE公式アカウントの追加できる機能
・商品管理
・注文管理
・顧客管理
・セグメント配信
・ステップ配信
・自動カゴ落ちフォロー

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2018/12/20

カタログやWEBサイトなどで使用する商品情報が、各部署に散在している…
こんな経験ありませんか?


「商品情報の収集や配信に多くの時間を取られてしまう」

「外出先でビジネスチャンスがあっても、新商品情報をすぐに出せない」

「カタログの制作だけでも大変なのに、WEBも同時に更新するのは大変」

「商談場面でタイムリーにコンテンツを取り出したい」

ターゲットに対し、最適なタイミングで、最適なコンテンツを提供していくことがますます求められています現在。
さまざまな部署が各々で製品情報(画像/動画/原稿など)を管理しているがゆえに、

誰に聞けば必要な情報が手に入るのかわからない。
どれが最新のものなのかわからない。

…なんてことが起こっていませんか?

このままでは日々の販促・営業活動だけでなくWEBサイト上のコンテンツ発信においても影響が生じます。

販促物に関わる情報を最適な形で一元管理されていれば、
あなたの販促業務を妨げる

「あの画像はどこ?」

「すぐに情報配信したいのに手間がかかる」

「同時にカタログのWEBも情報発信できないか」

という課題を解決することができます。

弊社商品情報管理システム“axer”を使って、
商品情報を一元管理しあなたの販促業務を抜群に改善しましょう。

>>資料の詳細を見る

Adobe Real-Time Customer Data Platform

資料更新日:2021/09/21

Adobe Real-Time Customer Data Platform(リアルタイムCDP)

既知顧客データと匿名顧客データをひとつに統合、活用
あらゆるデータポイントから既知顧客と匿名顧客のデータを収集、標準化、統合顧客プロファイルを構築し、任意の施策へと活用できる、次世代のCDPです。顧客規模がどれほど多くても、一人ひとりのエクスペリエンスをきめ細かくパーソナライズすることができます。

●Adobe Real-Time Customer Data Platformを選ぶ利点
・単一の統合されたデータフォーマット
自社データや外部ソースからのデータ、既知顧客データや匿名顧客データを問わず、あらゆる個人および企業のデータをリアルタイムで活用するために標準化して結合できます。

・個人および企業のリアルタイムのプロファイル
IT部門に依頼することなく関連するデータをつなぎ合わせ、リアルタイムで更新される詳細かつプライバシーに配慮したプロファイルを構築できます。

・アクションにつながるB2CおよびB2B向けのインサイト
顧客の反応に即座に対応し、webや電子メール、モバイル、ソーシャルメディアなど、あらゆる配信先に適切なエクスペリエンスを提供できます。

・プライバシー保護とデータガバナンス
データガバナンス機能を利用して、透明性の高い責任ある形でデータを使用できます。消費者は、より詳細に自らの情報を管理できるようになります。

●B2CおよびB2Bの大規模なマーケティングを念頭に置いて開発
ストリーミングデータ収集
✓アドビ製品およびアドビ製品以外でも利用できる、標準化された柔軟性の高いデータモデルを活用できます
✓B2Cマーケティングのために設計された個人および企業ベースのデータスキーマを利用できます
✓接続されているシステムをまたいで、リアルタイムのデータを統合できます
✓個人および企業ベースの構築済みデータソースコネクタの便利なライブラリを利用できます


リアルタイムのプロファイルとアクティベーション
✓個人に関するデータや企業に関するデータを含んでいる、個人と企業のプロファイルを統合できます
✓マーケター向けに設計されているため、ドラッグ&ドロップ操作だけでセグメンテーションをおこなえます
✓個人レベルおよび企業レベルでIDを解決し、プロファイルを強化できます
✓あらゆるチャネルと環境でリアルタイムにアクティベーションできます

特許取得済みのデータガバナンス
✓あらかじめ用意されたカスタマイズ可能なデータガバナンスフレームを利用して、責任ある形でデータを活用できます
✓データにラベルやポリシーを適用して、コンプライアンスを確保できます
✓ポリシーに違反したデータ使用に自動的に対応し、不適切なデータ使用を最小限に抑えます
✓わかりやすいデータリネージをもとに、容易にデータを修正できます

>>資料の詳細を見る

広告メニューで絞り込む

目的

売上拡大/ 業務効率化/ その他

料金体系

単発 /  継続

他にもこんな資料がダウンロードされています

こんなキーワードが検索されています

クラウドレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top