「セキュリティシステム」「経営者」の資料一覧

検索結果:7件の資料が見つかりました。
クラウドレーダー
ONOFF
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2022/08/09

【企業のWebシステムを守る5in1Webセキュリティ対策】
Cloudbric WAF+(クラウドブリック・ワフ プラス)は、社内にセキュリティ専門家がいなくても手軽に運用・導入できる企業向けWebセキュリティ対策です。企業のWebセキュリティ確保に必須とされる下記5つのサービスを単一のプラットフォームにて統合的にご利用頂けます。

〇Cloudbric WAF+の5in1サービス
1.WAF
2.L3/L4/L7 DDoS攻撃遮断
3.SSL証明書
4.脅威IP遮断
5.悪性ボット遮断

Cloudbric WAF+は小規模のWebサイトやWebアプリケーションから大規模のWebサービスまで、Webを基盤とするシステムを守ろうとするすべての企業様にとって最適なソリューションを提供します。またクラウド型での提供となるため、企業様ではDNS情報を変更していただくだけで簡単に導入いただけます。

【セキュリティ・エキスパートにすべてお任せ】
Cloudbric WAF+は、導入時と導入後運用時の2つのフェーズにおいてCloudbric Labsの日本国内外のセキュリティ専門家集団により、お客様のWebサービスを維持しながら先手対応を行う、専門的、かつ持続性の高いマネジードサービスを提供致します。

1.セキュリティ運用ポリシーの提案
 ・DNS変更後検知モードでの運用中収集・分析された検知ログに基づき、個々の保護対象ごとに完全カスタマイズされたセキュリティ運用ポリシーを作成し、遮断モードへスムーズな切り替えをサポート致します。
2.セキュリティ監視と先手対応
 ・24/365体制のセキュリティ監視を行い、不正アクセスと判断される傾向を見せる特定のIPに対し、攻撃元IPとして遮断を設定します。内訳を事後報告することでお客様のセキュリティリスクを軽減致します。
3.最新脆弱性リサーチ・分析・対応
 ・Labs専門家よりCVE、EDB(Exploit Database)等をソース元に最新のセキュリティ・イシューをリサーチ・分析を行い、Cloudbricのセキュリティ検証と対応を行います。尚、毎週月曜日18時にお客様に対し、脆弱性定期レポートをメール配信
4.AIとスコアリングで高精度脅威データ適用
 ・95ヶ国700,000サイト以上から収集される脅威情報に対し、独自開発したAIおよびスコアリング技術に基づき脅威IP/悪性ボットを特定し、Cloudbricプラットフォームの防御レベルを高める運用を行います。

【特許取得済の自社開発WAFエンジン】
Cloudbric WAF+は韓国・日本・中国・米国・ヨーロッパの5ヶ国で特許を取得した自社開発の論理演算検知エンジンのCOCEPTM(日本特許4977888)を搭載し、構文解析(Semantic)・ふるまい(Heuristic)・比較解析(Comparison)の手法により実現されたロジックの組み合わせ(マルチ検知)にてWeb攻撃を精度高く攻撃を検出致します。

【証明された高度なセキュリティ・レベル】
またアメリカのTolly Groupやスイスのwizlynx Groupのそれぞれの検証機関の結果においても高精度なセキュリティレベルが証明されました。
Tolly Groupは世界最高の試験評価機関として、wizlynx Groupはスイス情報セキュリティ専門企業であり、ネットワーク セキュリティ分野の専門性の高い国際機関です。
Cloudbric WAF+はグローバルでも認められた高性能WAFサービスであり、企業様のWebサイトを脆弱性の脅威から強固に保護します。

【CTAとCloudbricのValue共有】
Cloudbricは、CTAの脅威情報およびインサイトを活用し、ブロックチェーン基盤サイバー脅威インテリジェンスのCloudbric Labs をグローバル・スタンダード化することによってCloudbricが追求しているクラウド・セキュリティおよびエッジ・セキュリティの高度化を 通して、お客様によりセキュアなサービスを提供します。
CTAのメンバーになるためには共有する脅威データ価値および技術、そしてデータ共有の継続性を厳密に検証されるため、今回の加入はCloudbricのサイバーセキュリティにおける技術力と専門性がグローバルで認められたことを意味します。
*CTA(Cyber Threat Alliance)とは主なサイバーセキュリティのテーマや問題定義において出典として権威のある非営利中立機関としてグローバルのセキュリティ・ベンダーが参加し、問題の解決と改善を行うための組織です。Cloudbricは2022年に日本国内で4番目となるCTA加入を果たしました。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/05/11

Webサイトセキュリティを強化したいが、そのためにまず何からすればよいか。
サイバー攻撃の現在の状況から、一般的なセキュリティ診断の診断範囲のご紹介や、実際にレイ・イージス・ジャパンで提供している診断のご紹介まで、セキュリティ診断の選び方をご説明します。

━━━━━━━━━━
▼概要
━━━━━━━━━━

1.複雑化するセキュリティインシデント
 └情報セキュリティ10大脅威2022(IPA)をもとにサイバー攻撃の現在の状況
2.セキュリティ診断の種類と選び⽅
 └「Webアプリケーション診断」「プラットフォーム診断」「ペネトレーションテスト」など各種存在するセキュリティ診断の種類とその概要

3.セキュリティ診断の実施⽅法
 └「リモート診断」「オンサイト診断」など実施方法の概要

4.セキュリティ診断の選び⽅
 └Webアプリケーションに対して、どのような診断が推奨か
 └レイ・イージスが提供するサービスでの実例紹介


▼提供可能サービス


・Webアプリケーション診断(ツール診断、ツール+手動診断いずれも可)
 └AIクイック・ツール脆弱性診断/AIリモート脆弱性診断

・ペネトレーションテスト(Webアプリケーション診断+侵入テスト)

・プラットフォーム診断

・モバイルアプリ診断

・DDos演習

その他ファレンジックサービスや、マルウェア検知サービス、クラウド型WAFの提供など各種セキュリティサービスを提供しております。

□株式会社レイ・イージス・ジャパン

セキュリティ診断サービスやセキュリティコンサルティングサービスを提供する目的で、株式会社アリス(本社:東京都新宿区、 代表取締役社長:小林 賢治、 以下「アリス」)及び、 RayAegis Information Security(本社: 台湾新北市新店区、 責任者 江格)との合弁で2019年10月に設立されました。 経験豊富で技術力の高いホワイトハッカーを250名以上擁するRayAegisの技術力を背景に、 国内においてAIを利用した独自開発ツールを活用し、 高度なWebアプリケーション脆弱性診断やペネトレーションテストなどのセキュリティサービスをFQDN単位の一律価格にて提供しています。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/24

情シス業務の
 面倒くさい!
 良く分からない!
 リソースが足りない!
 セキュリティ対策強化にも!!  を解消します。


■こんなお悩みございませんか?
 業務が属人化されていて、業務の継続性にリスクがある・・・
 クラウド・リモートワーク化で、社内ユーザーからの問い合わせが増大している・・・
 24/365の監視を導入したいが予算が合わない・・・
 UTMを導入時の設定のまま運用しており、ログを活用した脅威や不正の確認も行ってない・・・
 などなど


■CustomerStareとは?
24時間365日の監視による情報システムの安定稼働と障害の早期発見を、平日の有人監視と夜間・休日の自動監視で提供するハイブリッド・クラウド・サービスです。
障害発生時の報告と対応支援、システム稼働状況の可視化とレポートも標準サービスに含まれるので、IT運用の属人化を防止し、最適なシステム運用が実現できます。
さらに、企業のネットワークセキュリティの状況が一目で分かるUTMログレポートも標準提供。セキュリティ対策強化にもワンストップでご活用いただけます。
コロナ禍によってテレワークやDX等が急速に普及するなか、中堅・中小企業において限られた人数で全社のIT運用を担当する情報システム部門や、小人数情シス・兼務情シスの業務改善のための駆け込み寺として、情報システム部門の人材不足を解消します。


■CustomerStare導入の4つのメリット
★システム環境を可視化し、24/365で異常を即座に検知。
システムの「いまの状態」を常に把握できます。
システムの可視化で、属人的だったシステム構成や運用業務を標準化できます。
ビジネスアワーの有人監視と休日・夜間の自動監視の組み合わせで、適切な予算で監視業務の導入を実現できます。

★障害が発生してしまった場合もインフラエンジニアが強力サポート
システム障害発生時は、初期対応を強力にサポート(※弊社サービス時間内の場合)。ダウンタイムの短縮で、ビジネスの機会損失を最小限に低減します。
ログの収集・保管も行うので、障害の根本原因を特定できます。

★安定的且つ最適なシステム運用を実現するパートナー
監視対象システムの状態を月に一度分析し、レポートで報告。リソースの配分や機器のリプレースなど、評価・改善にお役立てください。

★セキュリティ意識の向上とセキュリティ運用の定着に寄与
UTMのウイルスパターンファイルや不正攻撃シグネチャの更新状況を定期的に確認。ライセンスの更新漏れなどによって脅威に的確に対応できていない状態に、いち早く気付くことができます。

■CustomerStareの事例
★営業職向け共有モバイル回線の速度制限を、アラートで事前検知
数百人の営業社員が、各々の現場から社内環境へアクセスするためにモバイル回線を契約。月間の通信量が契約の上限を超えると速度制限がかかるため、毎日目視確認するのが大きな負荷となっていました。
CustomerStareの監視機能によって通信量に応じたアラートの仕組みを構築でき、毎日の確認作業から開放され、営業職から問い合わせが来る前に対応する事が可能になりました。

★原因不明のVPN接続の不具合が解消
VPN経由で社内の業務システムを利用する際、度々接続が途切れたり遅延が発生していました。
CustomerStareのサポートへ相談したところ、ログや監視状況をもとにネットワーク上のボトルネックをすぐに発見。設定の見直しを行ったところ、社外からのアクセスが見違えるほど改善し、ストレスなく使えるようになりました。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/24

【AWS WAF運用の最適化実現の最も効率的かつ安全な方法をご提案】
Cloudbric WMS (WAF Managed Service) for AWSは、適切なルール作成と反映、新規脆弱性の対応、誤検知の対応などAWS WAFの導入から利用までの一連のサイクルをセキュリティ専門家にてサポートする「AWS WAFに特化した運用サービス」です。
現在、多くの企業で利用されるAWS WAF。しかし複雑なルールを自社で運用する必要があるため、専門知識やリソースがない企業では運用の難しさが課題となっています。
Cloudbric WMS for AWSは ユーザ環境に最適化されたルールを反映し、脅威インテリジェンス基盤の高度化された攻撃検出性能と分析により、セキュリティ専門家がいないお客様のWAF運用をサポートします。

【こんなお悩みはございませんか?】
・ルール作成の不安 ⇒ 制限されているキャパシティー内で最適なルール構成が必要!
・脆弱性対応の不安 ⇒ 新規脆弱性の早期発見と制御の対応が必要!
・運用・管理不在の不安 ⇒ 誤検知の適切な対応ができる管理者が必要!
・設定ミス・不備の不安 ⇒ 導入・運用時設定の変更と追加の対応が必要!
Cloudbric WMS for AWSがお悩みを解決します。高度化されたカスタムルール、脅威インテリジェンスに対しての専門性、またコンサルティングサポートまでAWS運用はCloudbric WMSにお任せください。

【Cloudbric WMSの導入効果】
1.マネージドセキュリティ運用支援
2.リソース・コストの削減
3.管理負担の軽減
4.企業イメージ向上に貢献

【まずは30日無償トライアルから!】
複雑な手続きや面倒な設定は一切不要です。まずは30日無償トライアルをお試しください。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/01/05

【大規模DDoS攻撃防御に特化した「Cloudbric ADDoS」】
Cloudbric ADDoS(クラウドブリック エー・ディードス、Cloudbric Advanced DDoS Protection)は、 Cloudbric Security Platformにて選択できるミティゲーションサービスで、全世界の50以上異なるロケーションのFull Stack Edge Networkを活用した高度化されたDDoS攻撃防御を提供します。リアルタイムで常時トラフィックを監視し、発信元に最も近いEdgeにてワークロードを分散処理し最大65Tbpsのトラフィックをグローバル光ファイバーバックボーンを通し緩和できます。各Edgeでは不正なふるまいに対し、ヒューリスティック検出を行い、アルゴリズムを自動作成し対応します。Edge Location間のDDoS脅威に関するインテリジェンスを収集、分析および配布まで行い、グローバルどのロケーションからの攻撃であっても検出・遮断できる最先端のユーザエクスペリエンスを提供します。

【特徴】
Cloudbric ADDoSは、Centralizedされたクラウド・インフラからDecentralizedされたEdge Computingへシフトし、エンドに最も近いEdge Locationを活用することで実現した圧倒的対応帯域、処理スピード、高度なセキュリティ・インテリジェンス活用で代表される、今求められているDDoS攻撃攻撃防御サービスです。

【お客様のニーズに合う最適な組み合わせを実現】
Cloudbric ADDoS単独でのご利用はもちろん、Cloudbric WAF+との組み合わせも可能で、SSL証明書サービス、脅威IP遮断サービス、悪性ボット遮断サービスを追加し、トータルでWebセキュリティ戦略を実現します。また他社WAFサービスとの組み合わせも可能です。

【簡単3ステップで導入&月々98,000円でセキュリティをプラス】
1.導入ヒアリングシートの記入と提出
2.Cloudbric ADDoSサービス環境設定(当社実施)
3.DNS情報変更

Cloudbric ADDoSは、保護対象の正常時帯域を基準に5つの利用プランをご提案します。契約プランを問わず、同一レベルの高度なセキュリティ・サービスを提供しており、システムの規模・環境条件、セキュリティ要件等ビジネス・ニーズにあわせてCloudbricの別サービスや他社サービスと組み合わせてご利用頂けます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2021/12/06

レイ・イージスの脆弱性診断は、独自開発プラグインや独自AIツールと専任セキュリティエンジニアの力を組み合わせてシステムのセキュリティホールを診断するサービスです。

大きな特長として、以下の4つが挙げられます。
パッケージ型定額サービスのため、大規模システムになるほど安価に利用可能
診断規模に関わらない定額サービスのため、事前に診断対象を絞り込む手間が不要
独自AIツールによる自動診断で、ページ数の多いECサイトでも1~5営業日の短期間診断が可能
発見項目の再診断など、追加費用無しにパッケージ内だけで手厚いアフターサポートを実施

また、レイ・イージスのペネトレーションテストは、一般的な脆弱性診断がバンドルされた完全上位互換サービスです。
まずはAIエンジンを使った脆弱性診断やプラットフォーム診断を実施し、そこから得られる脆弱性情報などを活用しながら、経験豊富な診断エンジニアが独自開発のAIエンジンによる侵入ツールを駆使して、お客様と協議の上、想定される攻撃や目標を設定してシステムへの侵入を試みます。

いずれのサービスもFQDNもしくはIP(ホスト)単位の透明性の高い固定金額となっております。お客様の手間いらずで短期間に高度な診断を低価格でご提供するサービスとなっています。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/02/21

Webサイトのセキュリティ対策を実施しなかった結果と影響範囲は、企業の経済的損失にとどまらず、信頼やブランドイメージ損失まで及びます。アプリケーションレベルで行われる攻撃がメインである昨今、 Webサイトのセキュリティ対策にWAFが必須です。

1.運用実績15000台の高機能WAFアプライアンスをクラウドサービス化
2.月4000円から、サイト詰め放題の導入しやすい価格設定
3.プロユースでも安心のサイト/URL単位の細やかなポリシー設定
 リバースプロキシ型のクラウドWAFサービス
4.月間通信量20GBまで4000円という、超破格値でサイト数無制限。
柔軟なポリシー設定で本格WAFの機能をフル実装

>>資料の詳細を見る

広告メニューで絞り込む

目的

売上拡大/ 業務効率化/ その他

料金体系

単発 /  継続

他にもこんな資料がダウンロードされています

こんなキーワードが検索されています

クラウドレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top