「問い合わせ管理・メール共有」の資料一覧

検索結果:28件の資料が見つかりました。
クラウドレーダー
ONOFF
資料イメージ 資料概要

資料更新日:2022/03/24

【CALLTREEとは】
10年以上コールセンター運営をしている、現場を知り尽くしたプロ集団が開発した
完全クラウド型のCTIシステムです。
●シンプルデザイン!ワンクリックコール、オートコールで架電効率アップ!
●自由度の高いカスタマイズ!ビギナーからエキスパートまで◎
●発信、受信履歴だけでなく、顧客管理(CRM)まですべて提供!

【リモートワーク対応!】
在宅コールセンターを構築いただいている企業様多数事例あり

【ポイント】
■必要なものは「インターネット」「パソコン」「ヘッドセット」だけ!
■最短翌日導入可能!1席からOK!
■LINE、ChatWork連携可能!
■クラウドPBXで、会社の固定電話もクラウド化
■オペレータの稼働状況をリアルタイムで確認可能!
■SSL暗号化技術で個人情報を保護する万全なセキュリティ

<<トラブル時には訪問・電話・遠隔操作などのサポート体制も万全です!>>

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/03/24

OpenCRMは、月額定額、利用ユーザーは無制限でご利用いただけるオールインワンのクラウドCRMシステムです。

特長(1)月額定額料金(月額25万円固定、利用者は無制限)

システム利用料もサポート費用も全て込み込みの定額料金になっています。
登録ユーザー数の制限がないので何人でもご利用いただけます。
機能に関しても全ての機能をご利用いただけます。

特長(2)充実したサポート

CRM・SFA導入後のお悩み、運用の定着に関しましてもしっかりサポートさせていただきます。
メールやチャットを利用した通常のサポートに加えて、月1回の定例ミーティング、月最大8時間まで
ご利用いただけるプレミアムサポートが含まれています。
プレミアムサポートはシステム研修やシステムの設定代行などにご利用いただけます。

特長(3)アプリ開発機能付き

OpenCRMのメニューとして表示可能なアプリを設定だけで作成ができます。
簡単に作成できるため業務改善ツールとしてご活用いただけます。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2022/04/06

国内シェアNo.1のサービスデスクツールです。
システム運用の業務負荷を軽減させつつ、ITサービスの品質を向上させ、システム利用者や運用管理ツールからの多様な情報に対し、迅速かつ的確に対応するサービスデスクを実現します。ITILやISO20000(ITSMS)でもとめられる運用プロセスを効率良く実現します。NRIの運用現場から生まれた製品なので、日本特有の精緻な運用にも柔軟に対応します。

>>資料の詳細を見る

QRコードと短縮URLサービス「QRouton」

資料更新日:2021/10/11

QRoutonは、リンク先をいつでも変更できるQRコードと、短縮URLを提供するWebサービス( qrtn.jp )です。
DTPでポスターやフライヤーを作る機会が多い企業様にぜひご活用いただきたいです。

■特徴1.読み取りやすいQRコード
アクセス解析用のパラメータを付けて長くなってしまったURLをQRコードにすると、目が細かくなり、カメラで撮影しにくくなります。
QRoutonは短縮URLを元にQRコードを作りますので、目が細かくならず、読み取りやすいです。

■特徴2.リンク先の変更ができるQRコード
例えばフライヤーなどに印刷してしまうと、通常のQRコードはリンク先を変更できませんが、
QRoutonのQRコードは印刷後でも、何度でもリンク先を変更できます。

■特徴3.リンク先が決まってなくてもQRコードを作ることができます
通常のQRコードは基となるURL(文字列)が決まっていないと作成することができませんが、
QRoutonの場合は決まっていなくても作成することができます。
URLが決まったら管理画面から設定するだけです。

■特徴4.qrtn.jp/xxxxx のような短縮URLが使えます
QRコードを作る際に短縮URLを一緒に作成します。
この短縮URLはそのまま短縮URLとしてもお使いいただけます。

■特徴5.独自ドメインの短縮URLも利用可能
qrtn.jp/xxxxx という短縮URLを提供していますが、独自ドメインを利用することもできます。

■特徴6.何回QRコードが読み取られたかのアクセス解析
アクセス解析用のパラメータをURLに付与しなくても「何回QRコードが読み取られたのか」「短縮URLが何回クリックされたのか」がわかるアクセス解析機能がついています。

■特徴7.QRコードのリンク先をスケジューリングできます
リンク先に公開開始・公開終了を設定することができます。


QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です。

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2016/12/02

メールワイズとは、企業の代表メールや問い合わせメールを一元管理するためのシステムです。 複数人での作業でも、Webブラウザーを経由して同じメールを操作できるため、メール対応業務の効率化を実現します。

◎個人メーラーに埋もれる大量のメールから解放します。

日頃、メールのやり取りを行っている方は多いと思います。あなたの個人メールソフトはどうなっていますか?

自分宛に届いたメール、CCで共有されて届いたメール、全て整理できてますか?
一日の業務にメール整理が仕事の一環として組み込まれて、貴重な時間が消費されている方も多いはず。

本来のやるべき業務(自分のミッション)の時間が削られるだけでなく、以下のようなことも起きませんでしょうか?

◎グループメーラーで一括管理してメール対応/共有できます。

メールワイズとは、お問い合わせ対応や採用業務などで使う共通メールアドレス宛のメールを、
複数のユーザーで対応状況を共有できるグループメーラーです。

◎こんなことが実現できます!

・少人数で大量のメールをさばく
少人数でも大量のメールをさばくことが出来る機能を豊富に搭載しています。
2、3人で数百件をメールをさばくには、単純にメールの対応や共有だけでは実現できません。

・二重対応、対応遅延、対応漏れをふせぐ
複数人でメール対応を行う場合、個人メーラーだと「見えない、知らない、探せない」がついてきます。
そこから生まれる「二重対応、対応遅延、対応漏れ」は顧客の満足や信頼を引き離すばかりです。

・個々に依存した業務スキルを標準化する
チームの担当者が欠勤、異動などがあった場合、担当顧客の特長や過去に対応内容を別の担当者が、全て把握してすぐにカバーすることはできません。新しい担当者は教育しなければ顧客の対応も不安です。

>>資料の詳細を見る

HiCustomer

資料更新日:2021/12/08

カスタマーサクセスを事業成長のエンジンに
SaaS向けカスタマーサクセス管理ツール

・データ集計・状況把握を効率化
BIツール・CRM・チャットツールに点在している、利用状況、コミュニケーション履歴、売上、契約情報など顧客に関する情報を、HiCustomerで集約・可視化。情報集計・状況把握の工数を削減し、顧客へのアクションへ注力する環境を実現します。

・タイムリーに解約・アップセル兆候をお知らせ
顧客データから、退会やアップセル兆候を検知する、独自アラートの作成が可能です。アクションを取るべき最適なタイミングでアラートが発火し、効果が最大化するタイミングでのアクションが可能です。売上最大化の機会を逃しません。

・打ち手の結果を分析し、再現性を
利用状況、コミュニケーション履歴、売上、契約など顧客に関わる情報を時系列で管理し、打ち手がどのように結果に結びついたか時系列で分析できます。再現性のある打ち手が可能になり、カスタマーサクセスの生産性を最大化します。

・PDCAサイクルを仕組み化し、精度の高い打ち手が可能に
顧客の健康状態を表すヘルススコアのルールを柔軟に設定し、ライフサイクルごとの顧客全体の健康状態をレポート出力可能です。活動の振り返りや、定量的な効果測定が可能になり、PDCAを仕組み化できます。

■カスタマーサクセスを実現する機能群
・ヘルススコア管理
・ライフサイクル管理
・カスタムアラート
・コミュニケーション管理
・サクセスレポート

>>資料の詳細を見る

WhatYa

資料更新日:2021/12/08

■オンライン接客の差が、売り上げの差になる。
LTVを上げる戦略的チャットサービスWhatYa(ワチャ)

■WhatYaの特徴
・セールス特化型 有人×AI対応のハイブリッドなチャットサービス
サイトに導入しているチャットには毎日いくつもの声が届きます。
WhatYaはシナリオベースのAIチャットボットと、有人オペレーターの対応ができるハイブリッドチャットサービス。売上につながる声を見極め、効率的に振り分けを行うことで、
Webサイト上でも積極的な接客による購買機会の創出が期待できます。

・セールス特化型チャットサービスだから結果が出る
商品販売やサービス訴求には、ブランドの優位性を伝える取り組みが必要不可欠です。
チャットを使った効果的なコミュニケーション戦略で、ブランドの価値を下げずにセールスの拡大を目指せます。

■WhatYaの強み
・販売機会を逃さない、ハイブリッドなチャット戦略
・接客のプロがアップデートし続けるサービスロジック
・チャット応対に”ブランドらしさ”を反映
・会話からインサイトを導き出す
・セールス目標に応じた導入拡大も可能

>>資料の詳細を見る

f-tra EFO

資料更新日:2021/12/08

■エフトラ EFOとは
エフトラ EFOは、フォーム改善と成果最大化に必須の機能をワンストップで提供します。

・充実の入力支援機能で、平均22%の改善効果。
業界最大級の機能数を誇るエフトラEFOの入力支援機能は、
「導入だけ」で平均22%の改善実績がございます。
もちろん、スマートフォン向けサイトのEFOにも完全対応。

■機能紹介
・入力支援機能
フォームにおける入力ミスはユーザーに多大なストレスを与え、またフォームでユーザーが離脱してしまうことは、ビジネス上大きなチャンスロスとなります。
エフトラ EFO(f-tra EFO)は、入力形式の事前指示や分かりやすいエラー表示によって、フォームでのエラー率・離脱率の低減に貢献します。

・レポート機能
エフトラ EFO(f-tra EFO)では、各フォームの成績を期間別/入力項目別/ブラウザ別に分析する事が可能です。ユーザーが入力ミスや離脱をした項目をレポートする事で、フォームの問題点を可視化。また、時系列でもデータを取っているので改善後の変化も見ることができます。

・設定機能
エフトラ EFOでは、管理画面からEFO設定の登録・変更が可能です。
ボタンひとつでフォームを取り込み、15分程度ですべての設定を完了させることが可能です。
実際にフォームを見ながらアラートやナビゲーションの設定ができるほか、その場で設定内容を反映・確認が可能なプレビュー機能も搭載。初心者にもわかりやすい設計となっています。

>>資料の詳細を見る

ワイメール

資料更新日:2021/12/06

■サービス概要
・ユーザごとに完全に独立した配信環境
ワイメールでは、その原因を根本から解決するため、契約者ごとに完全にリソースが独立した仮想的な専用サーバを立ち上げ、かつASPサービスととして提供することに成功いたしました。

・一般のメール配信サービスがメール配信総数による従量課金・または読者登録数による従量課金を行っているのに対し、ワイメールでは月額定額で配信数無制限かつ読者登録数も無制限です。

・自社ブランド化が可能

読者登録フォームなどのURL・メール内のクリック測定用URL・空メールの送信先アドレスなどが独自ドメインで運用でき、あたかも自社開発のシステムから配信しているかのように振る舞うことができます。

■選ばれる理由
・速やかなフィードバックによる99%以上の契約継続率
ワイメールではアウトソーシングやOEMに頼らず、質の高い自社エンジニアにより内製でシステムの開発・保守を行うことで、スピーディーなフィードバックを実現しています。

・自動IPウォームアップ
自動IPウォームアップ機能は、適切に定められた配信スケジュールをもとに、単位時間当たりの配信通数を自動的にコントロールし、初期はなるべくゆっくりと配信し、徐々に配信数を多くしていくことで、予期せぬ受信ブロックのリスクを低減しつつ、限られたリソースで大量のメール配信を可能とします。ワイメールは、リソース完全独立型の強みを最大限に発揮できるとメール配信システムであると同時に、その弱点も適切にカバーされたメール配信システムです。

>>資料の詳細を見る

amie

資料更新日:2021/12/01

■amieとは
amieはマニュアルやWebヘルプから自動的に学習する
機械学習を使った検索型のチャットボットです。
最初の学習に必要なことは、マニュアルやヘルプのファイル・URLの指定だけ。
一般的なチャットボット作成に必要なシナリオやFAQの準備、選択肢の設計は必要ありません。
だから圧倒的なスピード感で導入が可能です。
初回学習時の正答率は70%!チャットをするたび、ユーザーの反応を学習してボットが成長していきます。
また、辞書登録などの設定によりさらに精度を向上させることも可能です。

■主な機能
・「簡単自動学習機能」
チャットボットの導入において一番手間の掛かる初期導入時のシナリオ作成や、学習データの整形など不要!

・利用状況が一目で分かる!「利用状況監視機能」
利用状況を日別や時間帯別で確認でき、稼働が高い時期を一目で確認可能です。

・回答の精度を向上させる!「問合せ解析機能」
リアルタイムのチャットの履歴が確認でき、データをCSVで取り出すことができます。

>>資料の詳細を見る

pottos

資料更新日:2021/10/18

■顧客の成功を支援して、解約を予防する
カスタマーサクセスオートメーションツール『pottos』
顧客のSaaS利用状況や設定状況の進捗管理、
カスタマーヘルスに応じた自動サポートなど、
BtoBのカスタマーサクセス担当者を支援する専用ツールです。

■カスタマーサクセスに役立つ3つの特徴
①顧客のヘルス状況を把握する機能
既存顧客のサービス利用状況を収集し、セグメントやスコア、グラフでヘルス状況を見える化。

②カスタマーサクセス担当者の業務を管理する機能
Playbook機能やタスク機能でカスタマーサクセス担当者の業務の進捗を管理。
対応漏れを防止し、業務フローのボトルネックを発見します。

③顧客に自動的にアプローチする機能
ヘルス状況に応じて、顧客にメールやポップアップ通知を配信。
初めてログインした顧客にはポップアップで操作ガイドを、
利用が減っている顧客にはメールで成功事例を送り利用促進など、
すべての顧客に価値を届けられるよう、効率的にアプローチを行います。

■利用イメージ

①:アクションの自動化
顧客のサービス利用状況を収集
   ↓
顧客の状況の可視化/状況に応じたセグメント
   ↓
セグメントに応じて顧客とCSMへ自動アクション

②:オンボーディング管理
オンボーディングフローの登録
   ↓ 
顧客の利用・設定状況の収集
   ↓
顧客のステータス・CSMのタスクの自動更新

■こんなお悩みありませんか。

①カスタマーサクセスをはじめたい
pottosで解決できること
カスタマーサクセスに必要な知識や考え方を、pottosを通じてご提供します。

・顧客ごとにサービス利用状況が把握できる
・テンプレート化されて最適な顧客対応プロセスの進捗が把握できる
・顧客画面にポップアップを表示できる

②顧客のLTVを最大化したい(解約予防・アップセル)
pottosで解決できること
顧客のサービス利用状況や顧客情報、契約情報を管理でき、
「何を」「どれくらい」「何人が」などを把握できるので、
解約の防止の施策の判断、アップセルの実施の基準を定量的に図ることができます。

・アンケートでは把握しきれない、顧客のログイン状況や利用頻度等を可視化できる
・利用状況が見えるため、顧客の状況に応じた提案ができる

③顧客のオンボーディングを成功させたい
pottosで解決できること
顧客のLTVを最大化させるために対応の漏れを無くすことはもちろんですが、
顧客の解約リスクやアップセルの機会の見逃しを防止します。

・オンボーディングで実施すべき戦略をプロセスとして見える化(定義)することで、
対応内容の最適化が可能
・定義されたプロセスに則って行動することで、
担当者のセンスや経験によって生じる対応の差を減少させることができる
・利用状況に応じたポップアップ表示やメール配信機能により、セルフオンボーディングの実現

>>資料の詳細を見る

Zendesk Talk

資料更新日:2021/10/18

■Zendesk Talkとは?
Zendesk Talkは、ブラウザで電話の受発信が行えるコールセンターソフトウェアです。
他のチャネルからの問い合わせ履歴を確認しながら通話できるため、
顧客満足度の高い対応が可能に なります。
既存PBXを生かして設計することも可能ですので、
既存のシステムからの置き換えもスムーズに実施いただけます。

■利用イメージ

STEP1:電話番号を取得する
ネットワークにつながったPCでZendesk Talkを開き、
使用したい番号を選択するだけで電話番号の取得は完了です。
電話番号の取得からセットアップまでわずか数分で完了します。

Point 01:手間なく数分でコールセンターを開設
Point 02:電話番号は複数取得可能
Point 03:既存PBXを生かした設計が可能

STEP2:お問い合わせ(電話)に対応する
PCにヘッドセットを繋いで電話を開始します。
業務時間に応じたルーティングやIVRによる着信通話の転送、通話内容の録音等、
様々な機能を備えているのでスムーズな対応が可能です。

Point 01:通話内容の録音は無制限!
Point 02:コールセンターに必要な様々な機能が簡単に設定可能

STEP3:後処理を行う
通話が終わるとZendesk Supportにチケットが発行され、通話録音データが保存されます。
もちろんチケットにメモを残すこともできます。

Point 01:Zendesk Supportとの連携で漏れの無い問い合わせ管理
Point 02:追加アプリの利用で通話録音データを自動でテキストデータ化が可能

>>資料の詳細を見る

Zendesk Support

資料更新日:2021/10/18

■Zendesk Supportとは?
Zendesk Supportは、メール、問い合わせフォーム、電話、チャット、SNS等、
様々なチャネルからの問い合わせ情報を一元管理できるプラットフォームです。
顧客の問い合わせやサポート担当者の対応状況を見える化し、
顧客満足度の高いコミュニケーションを可能にします。
また、700個を超えるアプリとの連携や豊富なAPIによって自由にカスタマイズすることもできます。

■利用イメージ

STEP1:問い合わせを受ける
メールや問い合わせフォーム、SNS等の様々なチャネルからの問い合わせが
全てZendesk Supportに届きます。

Point 01:多様なチャネルからの問い合わせを一元管理
Point 02:1つのアカウントに複数のブランドを設置することも可能

STEP2:問い合わせに対応する
様々なチャネルからのお問い合わせも全てZendesk Supportから返信します。
もちろん返信は問い合わせがあった各チャネルに返信されます。

Point 01:顧客サポートはZendesk Supportひとつの管理画面で
Point 02:マクロやトリガを活用して顧客対応業務を効率化

STEP3:ステータスの切り替え「解決済み」
問い合わせが完了したらチケットのステータスを切り替えます。
チケットごとに「対応中」「解決済み」などのステータスを割り当てることで
漏れの無い対応を実現します。

Point 01チケット管理で漏れの無い対応
Point 02対応後の満足度アンケートの実施が可能

>>資料の詳細を見る

KYUSMS

資料更新日:2021/10/13

「コンタクト」の増加・促進で成長しているサービスです。

■SMS送信サービスKYUSMSが「成長」している理由とは?
・万全の運用サポート
アフターフォローはもちろんのこと、サービス活用のアドバイスなど
コンサルティングも行っています!

・利用業種が多い
多種多様な業種が利用しSMS送信サービスの用途も様々なので
知見が蓄積しています!

・システムは自社開発
キャリア側の仕様変更やニーズ・トレンドに合わせた
アップデートやカスタマイズが迅速!
       ↓
利用企業様と「コンタクト」をとることで、
サービス・機能のアップデートを繰り返し「成長」しています!
そしてご利用いただいた企業様は顧客との「コンタクト」が増加・促進し
サービスの「成長」へと繋がります!

■豊富なサービス・機能をご提供!
・長文SMS:短文で伝わらない内容は660文字を活用して解決
・海外宛SMS:リーズナブル、海外キャリア直収、安心/安全
・自動音声応答(IVR):キャンペーン利用、携帯番号収集の為、働き方改革の業務見直しに!
・システム連携:各プロトコルのAPI連携は可能、CRM各種連携実績あり
・誤送信防止➀(他人判定)
 SMSの安全運用(迷惑メール対策) 自社保有の携帯番号データの定期クリーニング
・誤送信防止②(配信停止)
 ユーザー(受信者)側で簡単停止 企業として安心・安全をアピール

■「成長」が作り上げている多種多様なサービス・機能
自社製の配信プラットフォーム
~わかりやすい管理画面~
・ASP/API
・配信状況や配信結果が一目で分かる画面設計
・トラッキングURL標準装備
・お客様の反応率の測定が可能
・結果情報のダウンロードが可能

~高機能を標準装備~
・10万件/時以上の送信が可能
・API接続で貴社システムとシームレスに連携可能
・国内キャリア及び海外キャリアと直接接続で、正確で安定した
SMSルーティングが可能

~安全・安心な高セキュリティ~
・データセンター複数運用で冗長化
・複数のSMS関連特許取得
・Pマーク取得済、ISMS(2020年9月・取得手続中)
・個人情報削除機能なども設定可能

>>資料の詳細を見る

SELECTTYPE

資料更新日:2021/09/15

メール共有・お問合せ管理システム
お問い合わせメールを複数人で一元管理。
メールフォームからのお問い合わせをSELECTTYPEで一元管理することで、
二重対応や対応漏れを防ぎ、スムーズなお問い合わせ対応が可能です。

■フォーム毎に担当者を設定できる
それぞれの問合せフォーム毎に担当者を設定することができ、
フォームの用途ごとに担当者を割り振ることが可能です。
また同じフォームでも担当者ごとに「閲覧のみ」「返信までできる」などの権限も設定することが
できます。

■返信漏れ、二重対応を防止ができる
SELECTTYPEのメールフォームでは、複数人が対応しても対応状況をリアルタイムに共有できます。
対応中のメールに別の担当者が対応しようとするとメッセージが表示され、二重対応の心配もありません。

■誰がどのような対応をしたのか、すぐにわかる
過去のメールのやりとりがスレッド形式で表示され参照できるので、履歴を簡単に参照できるため、
担当者が途中で変わってもスムーズに対応できます。

■誰でも的確なメール対応ができる
返信用メールをテンプレート登録できるので、
メール対応の効率化とともに打ち間違いや言葉のばらつきを減らし、
一定した品質のメール対応を可能にします。

■「タグ設定」ですぐに目的の問い合わせ情報を探せます
問い合わせの内容別集計、管理等の目的で、問い合わせ情報にタグを設定できます。
「商品欠品」「ご要望」等、タグは自由に複数設定できます。

>>資料の詳細を見る

Live800Plus

資料更新日:2021/09/06

WEBチャットならLive800Plus
WEBサイトに訪問中のお客様とPCやスマートフォンを通じて、
快適なテキストコミュニケーションを実現するASP型WEB接客ツール。
サイトに”Live800Plusタグ”を設置するだけですぐにご利用頂けます。

■チャット機能

チャット画面:
画面の色や広告エリアの活用、表示形式(吹き出し型、テキストタイプ)等の設定が可能。
画像やファイルの送受信も可能です。
また、チャット終了時の満足度アンケート表示、チャット受付時間外の伝言機能のご利用も可能です。

管理画面:
Live800Plusでは、WEBサイト訪問者の様々な情報を把握しながら、
リアルタイムコミュニケーションが可能です。

<サイト訪問者一覧画面>
サイト訪問者のアクセス開始時間、閲覧ページをはじめ、利用端末(PC/モバイル)、OS、ブラウザ、言語等の様々な情報を取得します。訪問者の状況を把握しながらの細やかなオペレーションが可能です。
訪問者情報は、1人1行、最大200名まで表示されます。

<オペレーター対話画面>
テキスト以外にも画像、ファイル、画面キャプチャ、定型文やURLの送信が可能。
様々なオペレーション補助機能により、効率的なオペレーションを実現します。
さらに、対話転送(エスカレーション)、対話監視(モニタリング)、
内部対話機能等の管理機能が、
コールセンター等における複数利用をサポートします。

統計分析機能
対話内容や対話数、検索エンジンや検索キーワードなどの取得した各種情報の集計・エクスポート機能により、サービス向上や運用改善に貢献します。

>>資料の詳細を見る

SyncAnswer

資料更新日:2021/09/06

コンタクトセンターの業務を効率化し、収益部門への進化をサポートする
クラウド型FAQ管理サービス

■SyncAnswerとは
→SyncAnswerは、コンタクトセンターにお客様から電話やメールで寄せられる
『よくある問い合わせ』と『その回答』を FAQ(Q&A)として簡単に作成できるクラウドサービスです。
FAQを充実させることで、コンタクトセンターの電話応答率を改善するだけでなく、アクセス分析により
FAQの利用状況を「見える化」できるので、
お客様の声やニーズを理解しコンタクトセンターの収益部門への進化をサポートします。

■SyncAnswerの特徴
・ブログ感覚でFAQの作成・公開が可能に
コンタクトセンターのFAQ担当者は、広報やホームページ担当部署のデザイナーに依頼をしなくても、
専用の管理画面にブラウザでアクセスし、ブログを書くような簡単な操作でFAQを作成できます。
さらに、承認フローや公開日時の設定といったFAQ管理に必要不可欠な機能も用意しておりますので、
FAQの管理が効率化できます。

・お客様の見えない声が「見えて」くる
アクセス管理機能
アクセス管理機能はシンプルで使いやすい設計によって、専門的な知識がなくても、
お客様の見えない声が「見えて」きます。
公開したFAQコンテンツがお客様からどれくらい見られたか、
その状況(PV数、訪問者数、検索数)を確認できます。
アクセス管理機能に付属するコンテンツ評価(Good/Bad)機能を活用すれば
作成したFAQが問題解決にどのように繋がったかをチェックすることもできます。

■機能
SyncAnswerは、”よくあるご質問(FAQ)” コンテンツの作成から公開、
FAQの分析までの豊富な機能を提供しています。

・FAQの作成
一括登録/出力
カテゴリ登録
関連FAQ登録
ファイル添付
FAQプレビュー表示
複数FAQ作成(デザイン/カテゴリ)
承認ワークフロー設定(登録/削除/更新)

・FAQの公開
公開日時の予約設定
掲載期間の設定
関連FAQ登録
FAQ一覧画面
FAQ検索結果画面
FAQとサイト内検索の連動
各FAQの評価アンケート機能

・FAQの分析
閲覧FAQランキング(PV,UU数の確認)
検索時のクリックFAQ確認
評価アンケート分析

>>資料の詳細を見る

問いマネ

資料更新日:2021/09/06

「問いマネ」は、メール共有・管理に特化したASPタイプのメールソフトです。
WEBブラウザからでも見ることが出来るから、ネットに繋がる環境さえあれば、
どこからでも閲覧や返信を行うことが可能です。

出張先や自宅など会社以外の場所からでも操作できるので、
お客様を待たせることなくスピーディーな対応が可能です。

複数人でのメール共有も可能なので、担当者不在の場合でも、
別の担当者に代わっての対応が行いやすいと評判です。複数アドレスに届くメールを
一元管理でき、メール対応をスムーズにします。

「問いマネ」は、届いたメールを当ソフトのサーバーへ転送し、1つの画面に複数人でログインして使えるWEBメールソフトです。メールを1つの画面で一元管理することで、対応状況や内容など各担当者の状況が視えやすくなり、作業の「モレ・ムダ」が起こりにくくなります。

~お役立ち機能~
■一覧にマウスを当てるだけで内容表示
人気の「簡単内容表示機能」は、メール一覧に表示されているメールアイコンにマウスのカーソルを合わせると、ポップアップが表示されメールの本文を確認できます。
逐一メールを開かずに把握できるので、急ぎの対応が必要な場合に便利です。

■一定期間を経過したらアラート表示
一定期間未対応のメールがある場合、該当メールが「警告メール」フォルダに移動し、赤で警告表示されます。
これさえあれば、 複数人での対応時にありがちな「誰かが対応していると思って対応していなかった…」といったミスを回避できます。

>>資料の詳細を見る

GrpMail

資料更新日:2021/09/06

1つのメールアドレスを複数人で共有できるメール共有システム

■誤送信・情報漏えい対策に特化
メール業務で起こりがちな誤送信に備えた機能を数多く揃えております。
ご利用方法や環境に合わせて機能をお選びいただけます。
新人権限、送信前二重チェック、宛先編集権限、
禁止キーワード、誤送信に特化

~製品概要~
・メールを一元管理
GrpMail(グループメール)とは、1つのメールアドレスを複数人で共有しメールの一括管理が行える
メール共有システムです。
GrpMailでは、個人のメールアドレスではなく、一つのメールアドレスを共有し、
メールデータを一つのサーバで管理を行う為、 メールデータの散在を防ぎ、
複数人でメールの対応を行うことが可能です。

・ユーザ権限構成
GrpMailでは、ユーザ、管理者、代表管理者、システム管理者の4段階のユーザで構成されています。
システム管理者は複数人登録可能で、GrpMailのすべての機能を使用することが可能です。

~機能詳細~
・メールを一括管理。対応漏れを確実に防ぎます。
GrpMailは、Web上で共有するため、インターネットに繋がる環境があれば、いつでもどこでもメールの対応が可能です。管理者から全てのメールのやりとりも閲覧できるので、メールデータからの情報流出を防ぎ、
メールのやりとりをより快適により厳重に守ります。
※旧バージョンのキャプチャを使用しています。

・タグ管理
GrpMailは送信メールも受信メールも時系列で見れるため、メールの流れが一目瞭然です。
フィルタ機能でフォルダ分けを細かくしてしまうと、メールが散乱してしまい、
フォルダに埋没してしまう可能性もあります。
GrpMailではメールにタグ※を複数設定することで、目的のメールへを迅速に絞り込むこととが可能です。
※タグとは各メールに「重要」や「セールのクレーム」等の簡易的なラベルを貼る機能です。

・データ保持期間設定
GrpMailではメールを削除した場合でも、データ保存期間として設定した期間は、データベースにメールを残します。
ユーザが削除したメールを保存する期間は、3年や5年などと企業ポリシーにあわせて設定可能です。
データベースに保存されているすべてのメールは、システム管理者のみ閲覧することが可能です。
(データ保存期間を過ぎ完全に削除されたメールは閲覧できません。)

・放置メール警告機能
ステータス毎に一定期間未対応のメールがある場合に、メール一覧に警告メッセージでお知らせします。
警告期間設定は時間または日にちで設定可能な為、迅速な対応が必要なステータスには
短い期間でお知らせすることが可能です
。メール一覧では、放置メールのみ絞り込める為、スピーディーな対応が可能です。
また、メール一覧だけではなく、トップ画面でも放置メールの件数を把握できる為、
優先して対応をすることが可能です。

・送信前二重チェック機能
管理側でグループ登録時に、「送信前二重チェック」機能を設定していれば、ユーザの送信メールは、
一時的にメール一覧の「送信待ち」フォルダの中に保存され、「確認待ち」状態になります。
グループの管理者、または、グループ内の別のユーザが、送信待ちメールの内容を確認し、
問題がなければ送信が完了されます。
送信前チェックを行うことで、メールの間違いを未然に防ぎ、不慣れなユーザがメール送信をする際も、
管理者または他のユーザが確認してから送信ができるので、グループのメール対応のレベルの統一も図れます。

・禁止キーワード
メール送信時に、管理者が予め登録しているキーワードに対してフィルタリングを行い、
該当のキーワードを含むメールの配信を承認待ちメールとして停止させることができます。
停止したメールは管理者によって承認された場合に配信が行われます。差戻されたメールは配信されません。
管理者がチェックすることにより、配信を停止しメールデータからの情報流出を防ぎます。
メール文書の内容をチェックすることで、企業のメール文書の統一化が可能です。

・プロジェクト管理
プロジェクト管理機能では、案件単位でメールの管理や対応記録、アドレス帳の管理が可能です。
プロジェクトとタグを関連づけることによって、プロジェクトとメールを紐づけることができます。
メール対応だけでなく、プロジェクト毎に電話対応や訪問対応記録が出来るため
プロジェクトの 流れを共有することが可能です。
又、プロジェクト毎にステータスの設定が行える為、
プロジェクトの状況を一目で把握することが可能です。

・統計情報
統計情報はGrpMailに届いたメールに対して、グループごとに直近3ヶ月の返信平均時間、グループ内のユーザごとの返信平均時間、対応したメールの件数を数値とグラフで確認できる機能です。
この機能により、対応にどれだけかかっているのかを確認することができ、
特定のユーザに負担がかかっている場合は担当割当の見直しを、対応に時間をかけすぎている場合は、
作業内容の改善に取り組むことができます。
また、ユーザごとの返信平均時間を表示する表では、新人マークや二重チェックマークが表示されます。
送信するまでの時間が延びたメールが含まれていることを確認することができます。
※この機能は今後のアップデートで追加予定です。現在のバージョンとは異なります。

グラフでは、統計情報をよりわかりやすく確認することができます。最大1年間、月毎に表示されます。
グラフの上にマウスを置くと、その月のグループでの返信平均時間、対応件数が確認できます。
ユーザ毎でのグラフではメールを受信してから送信までの時間と、担当を割り当てられてから送信までの時間を一緒に表示します。月に対応したメールがなければ0時間で表示されます。

>>資料の詳細を見る

サポートチケット管理システム

資料更新日:2021/09/06

統合型サポートチケット管理システム
顧客満足度の高いカスタマーサービスを実現
シンプルなシステム1つで、問い合わせの状況確認、優先順位付け、解決まですべて対応。

■完全な統合型チケット管理システムは、質の高いカスタマーエクスペリエンス(CX)を提供するうえで
まず欠かせないツールです。
顧客からの問い合わせ、要望、意見などをすべて1か所で管理でき、
顧客1人ひとりのやりとりも把握できるため、最適なサポートを提供できます。

■顧客満足度の向上
・顧客リクエストを見落とさない
メール、チャット、電話、さらにはFacebookメッセンジャーなど、
いずれのチャネルから来た問い合わせも自動でチケット化され、未解決チケットとして管理されます。
さらに顧客の元にも、リクエスト受領とサポート開始を知らせる通知が自動で送信されます。
転送状況 、CSAT(顧客満足度)スコア、対応時間、サービスレベルアグリーメント(SLA)などを
モニタリング。どんな変化も見逃しません。

■様々なチャネルでの顧客とのやり取りを一元管理
楽しさにつながるワークスペース

・1か所であらゆる作業が完結
サポート担当者の満足度と生産性を向上させましょう。Zendeskなら、
サポート担当者があらゆる顧客情報とサポートチャネルにアクセスでき、
別のメンバーとの共同作業でも、
タブやブラウザをいちいち切り替える必要がありません。

・担当者が求める機能が充実
注文履歴、ロイヤルティステータス、サイト訪問履歴など、
サポート業務に必要な全ての顧客の背景情報やツールをエージェントに提供しましょう。
より迅速で、さらにパーソナライズされたサービスを実現できます。

・作業時間を大幅に節約
自動化を活用すれば、担当者の処理能力が向上し、すばやい問題解決が可能に。
カスタマイズにも対応しているため、ブランドの方針に沿った自然なやり取りが行えます。

■サポート業務を最適化
標準搭載のダッシュボードでカスタマーサポートのパフォーマンスを可視化したり、
レポーティング機能でより深く掘り下げたりすることができます。
顧客が必要としているものや業務を効率化する方法を特定し、
より効率的なカスタマーサポート体制を構築しましょう。

■カスタマイズも自由自在
ビジネスニーズがシンプルな場合でも複雑な場合でも、
Zendeskならカスタムインテグレーションやワークフローを構築して柔軟に対応できます。

>>資料の詳細を見る

kreisel

資料更新日:2021/09/01

メール配信サービス
高度なメール配信をより早く、確実に、安全に行うサービス

・メール配信サービスとは
高速なメール配信に対応しています。
また、スマートフォン向けメール、HTMLメール、ステップメール、空メールなど、
メールに関し豊富な機能を揃えています。

・メール分析機能:メール効果測定
メール配信の後は、配信数・有効配信数・エラー数・開封数・URLクリック数などを
分析できるのでしっかり効果測定できます。

・スマホ向けHTMLメール配信:スマホ向けメール配信

PC・携帯・スマホに振分けて配信することが可能な為、
それぞれの端末に適した内容を配信することができます。

・空メール
簡単な空メールアドレスや、空メールアドレスをQRコードにして告知するだけで、
モバイルサイトへの誘導ができます。

~メールマーケティングに必要な機能~
・ステップメール配信

様々な日付情報を起点として、顧客1人一人に対して、
シナリオに基づいたフォローメールを自動で配信することができます。

・Lite MA(Marketing Automation)

顧客情報とWebサイトのアクセス情報を紐づけ、見込み顧客を可視化します。
またスコアリングによるメール配信を実現します。

・メルマガ配信
単純な配信機能だけでなく、メールマガジンの運営に必要な機能が全て備わっています。

・レコメンドメール配信
WEB上の購買履歴やクリック履歴などを分析し、メールの配信内容をユーザーごとに
出し分けることができます。

・HTMLメール配信

HTMLメールの作成・配信が可能です。初心者でも作りやすい自動生成モードを搭載しています。
また、フルコーディングにも対応しています。

>>資料の詳細を見る

OKWAVE IBiSE

資料更新日:2021/09/01

OKWAVE IBiSEは、FAQページや問い合わせフォームを誰でも簡単に作成できる、
カスタマーサポートツールです。
お問い合わせ対応は もっと楽になる。

こんな課題はありませんか?
・カスタマーサポートの品質を上げたい
・簡単にサポート窓口を立ち上げたい
・対応状況が分からずムダやミスが発生している
・同じような質問や問い合わせを減らしたい
・さまざまな窓口から問い合わせが入り管理が大変
・社内でナレッジやノウハウを共有したい

OKWAVE IBiSEで解決!
・簡単にFAQページ、問い合わせフォームを作ることができ、
サポート業務が効率化します
・問い合わせの一元管理で対応漏れや重複回答等のトラブルを防ぎ、
サポート品質が向上します
・マニュアルや社内FAQ・ナレッジベースとしても活用でき、
組織力がアップします

OKWAVE IBiSEができること
・FAQ作成
カスタマーサポートにおいて必要不可欠な「FAQページ」「よくある質問ページ」を、誰でも簡単に作成できます。
HTMLやWeb制作の知識は不要です。
お客様の自己解決できる環境を用意することで問い合わせ削減が実現し、顧客満足の向上を実現します。
社内FAQやナレッジべースにも最適です。

・フォーム作成
サポート窓口となる「問い合わせフォーム」や「サポート受付フォーム」を作成できます。
テンプレートに項目を追加するだけで、簡単に自社オリジナルフォームの完成です。
電話やメール等でバラバラに受けていた問い合わせも、フォームを使うことで
サポートに必要な情報だけを取得でき、お客様への迅速な回答が実現します。

・問い合わせチケット管理
お客様への回答状況や、誰が、いつ、どんな回答をしたのか、管理画面で一目で分かります。
回答漏れアラートや定型文の設定、自動担当者変更など作業効率をアップする機能もついているため、
スムーズな業務が可能となります。

>>資料の詳細を見る

mi-Mail

資料更新日:2021/09/01

複数人管理・ミス防止・働き方改革で顧客対応力をアップしませんか?

カンタンなのに本格的に使えるメール共有システム
メール共有システムは、セキュリティに強く高機能でなければなりません。
エムアイメールは、それでいて「誰でも使えるメール共有システム」として
中小サイト運営~大規模コールセンターまで幅広くご利用いただいています。

エムアイ・メールの特徴
エムアイ・メールはお客様からのお問い合わせメールを複数の担当者で
一元管理できるメール共有・メール管理システムです。

・高機能なのに簡単操作
エムアイ・メールは幅広いお客様のニーズに対応する高機能を備えています。
しかしそれだけではなく徹底的に「簡単」に扱えることにこだわりました。

・「パッ」と見てわかるデザイン
エムアイ・メールの画面は、一般的に使用されているメールソフトの画面をベースに設計されています。
そのため、新人スタッフでも直感的に操作でき、教育担当者による操作指導も最小限で済むため、
人材育成と管理者の負担軽減を実現できます。

・ブラウザで使える
専用のアプリケーションのインストールは不要です。
今お使いのWebブラウザ(Chrome、Edge、Firefox、Safariなど)でご利用可能です。

・導入乗り換えが簡単
エムアイ・メールはそのシンプルで直感的に扱えるデザインなので、
他社のメール共有ソフトを使用されている方からの乗り換えでも
スムーズに行えるとの声を多くいただいております。

・大容量でも快適な動作環境
エムアイ・メールは1,000万件という業界最大クラスの保存容量を備えながらも
、高度な処理能力で快適操作を実現。
万一の障害発生時は予備系に自動で切り替えるサーバーの冗長化(二重化)にも対応しています。

~主な標準機能~
・ステータス管理
進捗の「見える化」が実現。作業の効率化につながります

・対応期限設定
色を変更できるから未対応案件が一目瞭然!うっかり放置を0へ

・二重対応防止
お問い合わせ業務の敵「二重対応」を撲滅!
二重対応ができない「しくみ」でケアレスミスをゼロに

・スレッド表示(階層表示)
雑然としたメールボックスとはさようなら
スレッド表示で、時系列で分かり易く表示
「ツリー形式」と「一覧形式」の切り替えもワンクリック

・関連メールの自動紐付け
関連するメールを自動で紐付けるから迷わない&対応スピードアップ
会話の流れがつかみやすいスレッド表示

・担当者の自動振り分け
業務にあわせてメール・担当者を自動的に振り分け。迷惑メール対策にも

・顧客の自動関連紐付け
アドレス帳との関連付けでお問い合わせ対応をスムーズに

・メール一斉配信
メール一斉配信で効果的かつスムーズな対応を実現
送信予約でより効果的な配信を

・問い合わせ機能
問い合わせた内容をお客様ごとに紐付けて一元管理できるから迷わない

>>資料の詳細を見る

WEBCAS  mailcenter

資料更新日:2021/09/01

お問い合わせメールを複数人で一元管理。オペレータ登録数無制限のメール共有・メール管理システム

問い合わせメール共有システムWEBCAS mailcenter(ウェブキャス メールセンター)は、お問い合わせ窓口に届いたメールやフォームからの問い合わせをサーバ上で一元管理することで、
二重対応や対応漏れを防ぎ、複数人による適切なメール対応を実現するシステムです。
メールソフトそっくりのインターフェースやテンプレートで、誰でもすぐにご利用いただけます。

~できること~
WEBCAS mailcenterは、お客様から届くメールやWebフォームからの問い合わせを
複数人で共有・管理し、効率的なメール対応を実現するグループウェアです。
複数人の対応状況がリアルタイムに確認できるため、返信もれや二重対応を防ぎます。
また、普段お使いのメールソフトに大変よく似た操作感のため、
オペレータへの教育も短時間で行うことができます

・メール対応のお悩み解決
お客様からの問い合わせメール対応 こんなトラブルありませんか?
お客様から毎日寄せられる、メールやWebフォームからの問い合わせ。素早く的確に対応したいのに
「問い合わせメールを見落として、返信が遅れてしまった」「誰がいつ対応したか把握できず、
二重に対応してしまった」そんなことはありませんか?
WEBCAS mailcenterは、このような問い合わせメール対応に関するトラブルを解決する、
メール共有管理システムです。

・運用体制を自由に構築
WEBCAS mailcenterは、複数問い合わせ窓口に届いた問い合わせメールを
まとめて管理することが可能です。
さらに、運用体制を現状の体制に合わせて柔軟に設定することが可能です。

・レポート作成
WEBCAS mailcenterは、様々な切り口のメール対応結果レポートを作成することが出来ます。
マーケティングに活用したり、問い合わせ内容をダウンロードし分析に活用したり、
管理者が定期的に対応状況を把握するためにご活用いただけます。

・研修時間を大幅短縮
WEBCAS mailcenterは、迷わず使えるシンプルなユーザーインタフェースや、
誤送信が発生しない仕組みを実現。
パートやアルバイト等、シフト勤務スタッフの多いコンタクトセンターでも、短い研修時間で、
すぐにオペレーションをスタートできるようになります。

・各担当者様の課題を解決
メール共有管理システムWEBCAS mailcenterは、担当者様の立場の方の課題を解決し、
導入メリットを感じていただいています。
その代表的なメリットを、「オペレーター」「マネージャー」「個人情報保護管理者」という立場別に、よくあるご意見をご紹介します。


・DB連携/カスタマイズ
WEBCAS mailcenterは、顧客データベースや会員データベースなど複数のデータベースと連携することが可能です。
これにより、貴社が保有している顧客情報と問い合わせをしてきたユーザを結びつけることができ、
たとえば「この方は3日前に○○を購入した方だ」といった詳しい情報が瞬時に確認できます。

さらに、各企業様の運用に合わせた多彩なカスタマイズが実施可能です。
お客様の目的や環境に応じて高度なシステム設計が実現できますので、
お気軽にご相談ください。

・在宅勤務に対応
問い合わせメール共有管理システム「WEBCAS mailcenter」は、在宅勤務やテレワーク(リモートワーク)にも対応しています。
自宅で勤務する在宅スタッフ等でも、オフィスにいる社内スタッフと同じように「問い合わせメールへの返信業務」を行うことが可能です。

・コールセンター(コンタクトセンター)でのメール管理
コールセンターには、毎日多くのメールやWebフォームからの問い合わせが寄せられます。
WEBCAS mailcenterは、問い合わせメールを複数のPCで一元管理し、二重対応や返信もれを防ぐための問い合わせ管理システムです。
「info@~,support@~」等の代表メール窓口に届いたメールやWebフォームからの問い合わせを複数のPCで共有・管理し、
効率的なメール対応を実現します。

・ヘルプデスクでのメール管理
製品不具合に関する問い合わせやクレーム等、企業のヘルプデスクには緊急対応を要する問い合わせが数多く寄せられます。
問い合わせ管理システムWEBCAS mailcenterは、このような問い合わせメールに複数オペレータが迅速に対応するために、
社内調整・事実確認・メール返信までを効率的に行える機能を備えています。

・ネットショップでのメール管理
対面販売ができないネットショップでは、ユーザーに対して、どれだけ丁寧かつ迅速なメール対応ができるかが評価の分かれ目になります。
WEBCAS mailcenterは、ユーザーからの問い合わせメールを複数のPCで一元管理し、二重対応や返信もれを防ぐための問い合わせ管理システムです。
過去の対応履歴や顧客データを参照することができるため、一人ひとりのユーザーに対して適切な対応ができ、ショップの信頼度向上につながります。

>>資料の詳細を見る

Freshdesk Support Desk

資料更新日:2021/09/01

Freshdesk Support Deskはシンプルでスマートな問い合わせ一元管理ツールです。
お客様とのスムーズなコミュニケーションを実現いたします。
FacebookやTwitter、メッセンジャーを
操作するように簡単なインターフェースが最大の特徴で、
どなたでも翌日からプロフェッショナルなカスタマーサポートが可能となります。
そのシンプルさが世界で15万以上の事業者に愛される理由です。

・低コスト(製品価格)
競合製品に比べ6割から最大1/5の価格比!
ライセンス料金はもとより、ライセンスに含まれている機能が充分にあり、他製品ではオプションでしか利用できない機能もライセンスのみで利用でき、運用時の製品価格を大きく抑えられます。

・使いやすいインターフェース
フレッシュワークスや製品の高い評価は、その扱いやすいデザインに起因しています。
トレーニングや特別な資格なしで、誰でもすぐに使い始めることが可能です。

・会話を簡単に
■ オムニチャネルサポート
メール、電話、チャット、SNSなど、サポートチャネルを一元化。同じ画面からすべての問い合わせに対応できます。

■ 自動チケット割当
質問傾向に注目し、優先順位を設定し、適切な担当者にチケットを割り当て、1か所からより迅速に解決できるようにします。

・強力なコラボレーションツール
■ 内部チャットツール
Freshconnectを介して、誰でも(エージェント、同僚、または外部のビジネスパートナー)にチケットの相談や対応依頼などが可能です。

■ チケットの共有
チケットを共有して他のチームと並行して作業し、いつでも視認性を失うことなく回答を見つけます。

・サポートの自動化
■ チケット処理の自動化
3つの異なる自動化機能により、繰り返しの多いタスクを排除し、ヘルプデスクを編成し、重大なイベントに注目することができます。

■ シナリオの自動化
チケットに対する一定の処理を、繰り返し操作を行わず、ルールを設定し、ヘルプデスクに必要に応じてチケットを管理させます。

・自己解決を支えるサービス
■ ナレッジベース
顧客自身が参照し、自己解決するためのナレッジベースを作成・公開できます。

■ フォーラムとコミュニティ
顧客が質問したり、製品についてのディスカッションに参加したりできるコミュニティを作成して育成します。

・わかりやすいインサイト分析
■ チームダッシュボード
チームを簡単に監視し、カスタマイズ可能なチームダッシュボードで
サポート目標を達成するためのデータドリブンの決定を行います。

■ 7つのウィジット
重要な指標を逃さない7つのウィジットは、ワンクリックでトレンドを逃さず、
いつでも詳細なレポートにドリルダウンできます。

>>資料の詳細を見る

yaritori

資料更新日:2021/09/01

共有メールアカウントを使ったお客さま対応で
このような課題はありませんか?

→二重対応:対応済みのメールに他担当者がまた返信してしまう
→対応漏れ:対応状況がわからないので対応漏れが起きてしまう
→管理が手間:アカウントがどんどん増えていってしまう

『そのお悩み、yaritoriが解決します!』

■メール対応状況の可視化
メールごとに「未対応」「対応済み」や、返信担当者の設定などができます。
これにより二重対応や対応漏れを防ぐことが可能です。

■テンプレートをワンクリックで挿入
カテゴリーごとに複数のテンプレートを登録でき、 お客さま名の自動挿入などができます。
メール対応の属人化を防ぎ、迅速なメール対応を実現

~主な機能一覧~

■メール対応の効率化
・ステータス管理
メールごとに「未対応」「対応済み」などのステータスを表示し、
チーム内でメール対応状況の可視化ができます。
対応できていないメールがひとめでわかるので、対応漏れを防ぐことができます。

・タグ機能
メールごとにタグを設定し、フォルダのようにメールを分類することが可能です。
案件ごとのメール管理など柔軟なメール分類を可能にします。

・自動化機能
件名や宛先などの詳細条件を指定し、自動でステータス・担当者・タグなどを付与することできます。
手動で行う作業が自動化されるので、業務効率を大幅に高めることが可能です。

・送信予約
「10分後」「明日の午前(9:00)」など送信日時を指定することができます。
これにより、夜間にメールを作成し、営業時間中にお客さまにメール送信をするといった
運用が可能になります。

・テンプレート(予約語)
テンプレート文面にお客さまの名前などを自動挿入できる「予約語」が使えます。
カテゴリーごとに分類し保存できるので、よくある質問などにすばやく返信することができます。

・添付ファイルのドラッグ&ドロップ
複数ファイルを添付する場合、ドラッグアンドドロップでファイルを添付できます。

・送信キャンセル
誤送信防止のため、メール送信後5秒間はキャンセルできる機能がついています。

・htmlメールの送受信
文字サイズの変更・色・太字・下線など、さまざまな装飾をすることができます。
画像をメール本文に挿入することも可能です。
また、htmlメール形式のメールも受信することが可能です。

・複数アカウントの管理
複数のメールアカウントに届くメールを一つの画面で管理することができます。
ショップごとやECモールごとなどで増えてしまうメールアカウントを
一元管理することが可能です。

・CC/BCCへの自動追加
メール作成時に自動的にCC/BCCにメールアドレスを追加することができます。
情報共有のために常に特定のメールアドレスを追加しなくてはいけない場合などに
ご活用いただけます。

・検索機能
過去のメールを「宛先」「受信日時」「ステータス」「担当者」などの複数条件から
メールを検索できます。

・署名
チームごとに署名を作成することができます。
複数設定できるので、「ショップ」ごと「担当者」ごとなど使い分けすることも可能です。

■コラボレーション
・返信担当者設定
メールごとに返信対応をする担当者を設定することができます。
誰がどのメールに対応しているかがチーム全体で可視化できます。
担当者は、自分が対応すべきメールが一目でわかります。

・メールごとのチャット
メールごとにチャットをすることができます。
返信内容に関する相談をリアルタイムで実施することが可能です。
お客様情報に関するメモとしても活用できます。

・下書きの共有(メールの承認機能)
他のメンバーが作成している下書き(メール内容)をリアルタイムで確認できます。
担当者間でのダブルチェックの活用や上長などにメール承認確認を行うことで、
誤送信の防止、対応品質の向上につながります。

・未読・既読機能
メールを既読したメンバーが、表示されます。
誰がどのメールを確認したか・確認していないかが一目で分かるので、
コミュニケーションがよりスムーズになります。

・二重対応防止ロック
誰かがメールの返信を始めると、他の人が返信できないようにロックがかかります。
これにより、「同じメールに二度返信してしまう…」といった問題を解決できます。

・個人間チャット
他メンバーと個人間チャットをすることができます。
ちょっとした雑談や業務連絡など、普段LINEを使うようなイメージでお使いいただけます!

・@メンション機能
特定のメンバーにメールやメッセージを気づかせたいときに、「@メンション」を利用できます。
メールのFWや、他チャットツールなどは不要となり、情報共有やコミュニケーションがよりスムーズになります。

・プロフィール設定
アイコン画像や表示名を設定することができます。
チャットをするときなどに表示され、自分らしく楽しくコミュニケーションすることができます。

・ブラウザ通知
新着メール受信時や@メンションされた場合に、ブラウザ上に通知を出すことが可能です。
これにより、「メールやメッセージに気づかない…」といったことがなくなります。

■顧客管理

・連絡先管理
お客さま情報(お名前・会社名・メールアドレス・電話番号・メモ)をコンタクトとして管理することができます。
お客さま情報を一元管理することで、質の高いお客さま対応を実現することができます。

・タイムライン表示
お客さまごとの対応履歴をワンクリックで表示することができます。
過去にどのような対応をしたかがわかるので、お客さまにシームレスな体験を提供することが可能です。

■その他
・レポート
誰がどれくらいメールを送信しているかなど期間を指定してレポート表示することが可能です。
メール応対件数の集計や業務負担の可視化ができるようになります。

・メール一斉送信
コンタクト設定から複数のアドレスを選択し、メールを一斉送信することができます。
TO,CC,BCCと使い分けてのメール送信もでき、お客さまへのメルマガ配信もできます。

・eml出力機能
メールを1通ずつないしは一括で選択し、eml形式でファイル出力が可能です。
案件ごとのメールをファイルで保存しておくことができます

・Slackとの連携
「yaritori」で受信したメールを、Slackからの特定チャネルに通知することができます。
メールの返信や、対応状況の変更をSlackからもできるので、
Slackから離れずにメール対応をすることも可能です。

・モバイル対応
スマートフォンのブラウザからご利用いただくことが可能です。
外出先や、ちょっとした移動時間にもご利用いただくことができます。

・メンバーの権限管理
メンバーごとに受信メールへのアクセス権限を変えることができます。
外部スタッフやアルバイトの方へのメール対応も安心して依頼できます。

>>資料の詳細を見る

CX+

資料更新日:2021/09/01

メール対応の困ったを解決! 高品質な顧客対応を実現 オールインワン メール管理システム。

~CX+機能~
すべてが揃うCX+で顧客体験を高める。

・メール
問合せ対応のしやすさを第一に考えたメール管理。

・タグ管理
案件の内容ごとに細かくタグ管理!レポートも検索もラクラク!

・タグ自動付与条件設定
特定の条件から、自動でタグの設定が可能!対応時間の短縮にも!

・ステータス管理
細かく管理されたステータスで、メールの状態もわかりやすく。

・二重対応防止
対応中の案件には、現在対応しているメンバーの名前と鍵のマークが表示され、開くと注意文が表示。
対応の重複を防ぐ!

・テンプレート
日頃からご案内に使用している、よくある返答文を登録して効率化!

・回答期限表示
顧客を待たせない!
メールの着信から、決まった時間内までに返答を行う。

・タイムラインツリー表示
案件ごとのやりとりを、時系列にツリー表示してひと目で確認する。

・承認(精査)機能
対応画面から、1クリック選択で承認依頼が可能。

・アラート
問合せメールが着信したことに気づきにくい、着信したらすぐに気づけるようにしたい場合に。

・通知連携
いち早く緊急時のメールに気づきたい!
特定のタグ付与時に、設定したメンバーへ通知が届くようにしたい時に!


・タイマー送信
「送信予定日時」を設定して、任意の時間にメールの送信が可能!


・類義語機能
何度も同じご案内が重なる時など、違った言い回し・表現にしたい!


・草案メモ機能
CX+内で文章の作成、および作成途中の文章を案件内に紐づけての保存が可能!


・前回・前々回案件 ショートカットボタン
前回、もしくは前々回に着信した案件ごとの振り返りが、1クリックで可能に!

・一括対応
選択した案件の一括対応・一括編集ができ、作業をより効率的に!


・担当オペレータを設定
担当オペレータごとのアサインをスムーズに!

・ヘッダーフッター管理
返答文や状況にあわせて、ヘッダーフッターを切り替えたい場合に。

・指し込み文字設定
テンプレート使用時の、サービス名や対応者名などの変更の手間を減らす!

・重複案件の紐づけ
追加連絡や重複のメールは、案件を紐づけて管理することで二重送信や対応済み案件への誤対応を防ぐ。

・問合せ自動返信設定
問合せいただいたメールへ、自動で返答の設定を行いたい場合に。

・カスタムフィールド設定
CX+の項目にはない顧客の情報を、自由にカスタマイズして表示させたい場合に。


・本文内文字列の自動抽出機能
問合せメールの本文内から、特定の情報を自動的に抽出!


・レコメンド学習設定
過去の類似した問合せ内容・回答を、問合せ対応画面で確認可能に!


・対応時利用禁止ワード
誤対応防止のために!
あらかじめ禁止ワードを設定!


・HEAT判定キーワード設定
温度感の高い問合せ内容に気づけるようにしたい!


・条件検索
条件を選択・入力することで、メールの検索が簡単に!

・エスカレーション機能
対応方針の確認や、詳細な調査が必要な場合など、専門の担当者へスムーズにエスカレーション!

・リマインド
エスカレーションのリマインド通知で対応漏れをなくす!

>>資料の詳細を見る

資料更新日:2016/09/18

「メールディーラー」は、複数名でのメール共有・管理・対応を効率的に行えるメールグループウェアです。お客様からの問い合わせメールへの対応状況や履歴を一目で確認することができるので、対応の漏れや遅れを未然に防ぐことができます。集計機能も充実しているので業務全体の管理および改善を行うことが可能となります。

>>資料の詳細を見る

他にもこんな資料がダウンロードされています

こんなキーワードが検索されています

資料掲載について

広告メニュー絞込

クラウドレーダー
特別割引

メルマガ会員登録

どなたでもメールアドレスのみで登録できる、クラウドレーダーのメールマガジン申込みフォームです。
最新のマーケティング資料情報や、旬な業界情報をいち早くお届けします。
>>メルマガ会員退会はこちら

メディアレーダー グローバルレーダー トラミー トラマガ マーケブック Weekle(ウィークル) ママプレス
クラウドレーダー背景
このページの先頭に戻る
▲ page top