勤務集計のクラウドサービス一覧

検索結果:4件のサービスが見つかりました。
クラウドレーダー
ロゴ 概要
統合業務管理システム「EAST2」

資料更新日:2021/08/17

DENSOLの基幹システムです。全てはここに繋がります

EAST2: Empowering Activities Simple, Timely and Transparent
企業活動をシンプルに、タイムリーに、そして透明に!!

「EAST2」でできること
●引合受注管理
・引合一覧
・引合詳細(見積書発行)
・受注一覧
・受注詳細
・完了竣工
・売上確定

●作業要員計画
・要員配置
・勤務計画

●資機材計画
・資機材台帳一覧
・資機材台帳詳細
・資機予約実績管理表

●在庫管理
・入出庫履歴
・在庫確認履歴

●調達管理
・調達依頼一覧
・調達依頼詳細(検収)
・見積依頼管理一覧
・見積依頼詳細
・発注一覧
・発注詳細
・支払確定

●工事進捗管理
・工事件名一覧
・詳細
・進捗管理
・出面管理
・工事記録

●勤務・工数実績管理画面
・勤務実績一覧
・勤務実績詳細
・勤務集計表
・休暇管理一覧
・休暇管理詳細

>>資料の詳細を見る

ダウンロード出来る資料がありません
ProSTAFF Cloud

資料更新日:2021/06/17

カスタマイズできる人事労務クラウド ProSTAFF Cloud

ProSTAFFクラウドとは?
人事情報の一元管理及びワークフローを利用できる「人事管理」を基本とし、
それに「給与管理」「就業管理」を組み合わせてご利用いただけます。
外部の給与システム、就業システムを使用して「人事管理」と連携させることも可能です。

特 長
・チェック作業自動化
プリセットや任意設定のチェックパターンに基づいてワンクリックで完了。
時間がかかる入力内容の確認作業の時間を大幅に削減できます。

・電子申請対応
弊社が提供するクラウド電子申請「ez-Gov」(別途料金発生)を利用することで、総務省が運営する行政ポータルサイト「e-Gov」とAPI連携し、シームレスに申請を行うことができます。

・カンタン帳票出力
社員名簿、給与集計表、勤務集計表など、60を超える帳票をあらかじめ用意しております。
印刷、PDF、EXCELの3タイプ(※)で出力でき、オリジナル帳票(弊社で作成が必要)も利用可能です。
※帳票によって出力タイプが限定されるものもあります

>>資料の詳細を見る

ダウンロード出来る資料がありません
kinnosuke

資料更新日:2021/06/09

社内のタイムマネジメントを
kinnosukeひとつで解決
勤怠管理システムを提供して10数年以上の実績を持つHOYAが、
そのノウハウを基に作り上げた働き方の次世代システム「kinnosuke」。
社内の基幹系情報を共有できるクラウド型勤怠管理システムです。
従業員の働き方を可視化するほかに、就業に関する各種申請や働き方改革対応、
シフト・工数管理等を、kinnosukeで行えます。

・選べる打刻機能
打刻方法は業態・シチュエーションにあわせて打刻方法を最適化。併用も可能。
日々の出退勤打刻は、ICカード(FeliCa規格・MIFARE規格)認証による打刻、
スマートフォン・タブレット、PCからのブラウザを利用した打刻が可能です。
打刻方法を業態やシチュエーションにあわせてご利用いただくことが可能です。
※「FeliCa」は、ソニー株式会社の登録商標です。また、ソニー株式会社が開発した非接触ICカードの技術方式です。
※「MIFARE」は、NXPセミコンダクターズの登録商標です。

・打刻・申請忘れ対策
打刻や申請忘れを自動的に通知します。
指定した条件で出…

>>資料の詳細を見る

ダウンロード出来る資料がありません
RecoRu

資料更新日:2021/06/02

使いやすさと導入のしやすさを
追求した勤怠管理システム
契約継続率
99%
クラウド型勤怠管理システムを5年以上運用した経験を活かし、導入のしやすさと使いやすさを追求しました。 どこよりも簡単にシステムを導入でき、毎日の使いやすさと充実した機能により、勤怠管理における「作業の効率化」「管理コスト削減」を実現します。

レコルの機能Function
勤怠管理システム「レコル」に導入されている機能は企業が勤怠管理を効率化させるうえで、必要な機能が全て備わっています。
・便利な退勤管理
・外部サービスとの連携
・有給、休暇管理機能
・申請承認機能
・ICカード打刻
・生体認証打刻
・ボタン打刻
・勤務アラート
・勤務集計
・柔軟な設定
・勤怠分析

>>資料の詳細を見る

ダウンロード出来る資料がありません

他にもこんな資料がダウンロードされています

こんなキーワードが検索されています

このページの先頭に戻る
▲ page top